ここから本文です

乃木坂46・与田祐希、西野七瀬の姿を収めた映像に「泣きそうですね」

6/25(火) 20:50配信

クランクイン!

 乃木坂46の齋藤飛鳥、秋元真夏、梅澤美波、高山一実、与田祐希、そして岩下力監督が25日、都内で開催された映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』完成披露上映会に登壇した。与田は昨年に同グループを卒業した西野七瀬の姿が収められた予告編を見ると「ちょっと涙が出そうになりました。七瀬さんの卒業は、私にとってもすごく大きなこと」と語った。

【写真】『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』完成披露上映会の様子


 本作は、『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』から4年を経て公開となる乃木坂46のドキュメンタリー第2弾。乃木坂46が歩んできた軌跡を辿る。齋藤は「1(弾)の時は、割と個人のことにフォーカスを当てていて。育った環境だったり、個人個人のことに踏み込んでいた印象」としたうえで「個人のこともだけど、グループの良さみたいな、皆でいることの良さみたいなものがすごく全面に出ているような気がしたので、同じグループのドキュメンタリーなのに違うものになるんだなっていう、不思議な感覚でした」と本作を鑑賞しての感想を明かした。

 この4年間でのグループの変化を問われた秋元は「気をすごく使ったりっていうところは減ってきて」と言い「冗談を言い合えるよね」とニッコリ。これに頷いた高山は「何やっても許してもらえるっていう安心感もある」としたうえで「『この子のここ好きだな』とか昔は思っていたかもしれないですけど、『この子がコンプレックスを抱えている部分すら好きだな』みたいな。全部好きみたいな感じになりましたね」と、メンバー同士の絆が深まったことを明かした。

 「4年前の映画が公開されたときは、私は乃木坂46のファンだった」と振り返った梅澤は「スクリーンに映っているのは間違いなく自分なんですけど、今見ている自分と本当に同一人物なのかな?と思うくらい、すごく不思議な感じ」としみじみ。

 当日は、昨年に卒業した西野七瀬の姿も収められた予告編が解禁に。与田は西野の姿を映像で見ると「この映画を初めて見たときも、スクリーンの中でも泣いていたんですけど、実際に見ているときも、もう涙が止まらなくて。それくらい大きな存在だったので…もう泣きそうですね」と西野への思いを明かし、目を赤くしていた。

 映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』は7月5日に全国公開。

最終更新:6/25(火) 20:57
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事