ここから本文です

ペレス「ペナルティは理解できない。ポイント獲得のチャンスを潰された」レーシングポイント F1フランスGP日曜

6/25(火) 7:30配信

オートスポーツweb

 2019年F1第8戦フランスGPが行われ、レーシングポイントのセルジオ・ペレスは12位、チームメイトのランス・ストロールは13位だった。

■スポーツペサ・レーシングポイントF1チーム
セルジオ・ペレス 決勝=12位
 どうしてペナルティを科せられたのか理解できない。まだしっかり検証はしていないが、僕はルールで決められたとおりに、ボラードの左側を通った。そして、ボラードを通過したら、できるだけ早くコースに戻らなければならないというのがルールで、それもそのとおりにした。あのペナルティの判断は間違いだと思う。僕はきちんとルールに従っていたのだから。

 自分がアドバンテージを得たかどうかなんて、あの状況で見極めるのは不可能だ。1周目の出来事で、密集した集団の中にいたからね。指定された復帰のルートは、レーシングラインを通るより遅いのだから、アドバンテージは得ていないはずだし、もしそこを通って順位を上げたとしても、それは僕の落ち度ではない。

 とにかく、ペナルティで僕のレースは台無しになった。今日はポイント獲得の可能性があったのに、それを潰されたんだ。

 レースペースは上位陣に近いものがあったから、その点では明るい見通しが持てた。現時点では、まだ予選で苦しんでいるので、その部分で来週までに改善できることに焦点を絞る必要がある。オーストリアでは、以前のようにポイントを争うレースをしたい。

ランス・ストロール 決勝=13位
 今日はいいレースができた。最初のスティントは本当に好調で、かなり長く引っぱることができたし、終盤にフレッシュなミディアムに交換してからは、プッシュして攻めた走りができた。

 ただ、残念ながら、ピットストップのタイミングが少し遅すぎたと思う。スティントの終わりには、タイヤのグリップがずいぶん落ちているのが感じられて、実際にラップタイムも落ちていた。それにレースを終えた時点で、ミディアムタイヤにはまだ少しライフが残っていたからね。あと何周か早くピットに入っていたら、最終的な結果は違っていたかもしれない。まあ、レースの後でなら、そういうことはいくらでも言えるんだけど。

 ともあれ、今日はチームとしていい仕事ができて、もっと上位を狙える速さがあることも示せた。次のオーストリアで、またトライするよ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6/25(火) 10:45
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事