ここから本文です

「キャリアのなかで最も楽な6位入賞だった」サインツJr.、マクラーレンF1好調の一因にルノーPU改善を挙げる

6/25(火) 18:03配信

オートスポーツweb

 マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、第8戦フランスGPではスタートからフィニッシュまですべてがスムーズに進んだおかげで、容易に6位入賞を達成することができたという。

【写真】F1第8戦フランスGPでドライバー・オブ・ザ・デイに選ばれたランド・ノリス

 サインツJr.は予選でチームメイトのランド・ノリスに遅れを取っていたが、レースではスタートでノリスの前に出ると、その後は彼を寄せ付けることはなかった。

「僕のキャリアのなかでも、最も容易に達成できた6位という結果のひとつだったかもしれない」とサインツJr.は語った。

「この結果はとても嬉しいよ。良いペースが出せたし、タイヤマネジメントもうまくいった。チームからペースを上げるように指示された時にはそうすることができたし、レースをコントロールできていた」

「快適な走行ができる、すべてがスムーズにいくような日だったよ。マシンバランスも良くて、この週末は僕たちのマシンは4番目に速かった」

「最後は退屈だったけれど、僕にとっては良いニュースだった。そのために、中団グループのトップでフィニッシュすることがより楽になったんだ」

 2019年シーズンのマクラーレンのパフォーマンスレベルは、大きな前進を見せている。多くの人々が、秘密のアップグレードか設計特性のおかげでパフォーマンスが向上したと示唆している。

 しかしサインツJr.はマクラーレンの調子が良くなっている理由のひとつとして、ルノー製パワーユニットの改善を挙げた。

「このレースに向けて大規模なアップグレードがあったかと言われたら、答えはノーだ」

「1年を通して小さなパーツが投入されていくが、それぞれがどれほどの影響を持つのかは分からない。なぜなら小さなパーツをたくさん導入しても、いつ突如として大きな効果が出るかはわからないからだ」

「低速域でのパフォーマンスに関しては、まだやるべき作業がある。でも高速域においてはマシンに満足しているし、ここではかなりの速さを出すことができた」

「ルノーはエンジンにおいて良い一歩を踏み出したと思う。こうした種類のコースでは、エンジンの向上が大いに役に立つんだ。予選ではその恩恵を受けることができたよ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:6/25(火) 18:03
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事