ここから本文です

旧長崎屋、7月から解体 金沢・竪町

6/25(火) 2:30配信

北國新聞社

 不動産所有・賃貸などのザイマックス(東京)は7月16日、金沢市片町1丁目の竪町通りで所有するビル2棟の解体工事に着手する。総合スーパー長崎屋(同)の旧金沢店が入っていたビルなどで、ザイマックスは跡地活用について「現時点では公表できない」としている。

 「フローリッシュビル」と「エムビーエスビル」を解体する。工事は来年6月の完了を予定する。

 立地は竪町通りの国道157号側入り口近くで、高さ制限45メートル以下の地域。両敷地を合わせた間口は50メートルと広く、面積は約1千平方メートルとなる。ザイマックスは立地や形状を生かせる建物の設計を進めているとみられる。

 フローリッシュビルは7階建てで、1969(昭和44)年に完成した。長崎屋が93年に移転後、ゲームセンターや衣料品店が営業していた。エムビーエスビルは宝飾店が入居していた。

北國新聞社

最終更新:6/25(火) 2:30
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事