ここから本文です

七尾クルーズ船出港

6/25(火) 15:02配信

北國新聞社

 七尾港の開港120周年を記念した同港発着のチャータークルーズ船が25日、同港矢田新第1埠頭(ふとう)から出港した。七尾市民を中心に約400人が商船三井客船の「にっぽん丸」(2万2472トン)に乗り込み、境港(鳥取)と博多港(福岡)を巡る3泊4日の船旅に向かった。28日夜に七尾へ戻る。

 船は北陸海洋開発(七尾市)がチャーターした。七尾港発着ツアーは昨年に続き2回目となる。

 出港セレモニーでは、七尾港整備・振興促進協議会の大林重治会長、中西吉明石川県副知事があいさつし、ツアーに参加する同港開港120周年記念事業実行委顧問の和田内幸三県議がお礼の言葉を述べた。地元の園児らによる演奏や演舞などが出港に花を添えた。

 七尾港は1899(明治32)年に開港した。今年はクルーズ船4本の寄港が予定されている。

北國新聞社

最終更新:6/25(火) 15:02
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事