ここから本文です

PSGがネイマールとポグバの“交換”を希望? マンUは2つの理由から否定的

6/25(火) 12:48配信

SOCCER KING

 パリ・サンジェルマン(PSG)がマンチェスター・Uにブラジル代表FWネイマールとフランス代表MFポール・ポグバのトレード移籍を希望しているようだ。24日、イギリス紙『インディペンデント』が報じた。 

 PSGの関係者によると、同クラブはマンチェスター・Uと話し合いの場を設け、金銭が関わらない純粋なトレード移籍によるネイマールとポグバの“交換”を打診した模様だ。

 しかし、マンチェスター・Uは2つの理由からPSGの提案を保留しているという。

 1つ目の理由は、ネイマールのサラリーが高すぎること。同選手はPSGから少なくとも63万ポンド(約8600万円)の週給を受け取っている模様で、チーム最高給のチリ代表FWアレクシス・サンチェスの週給50万ポンド(約6900万円)を大きく上回っている。チーム内の給与バランスを巡っての不和が噂される同クラブにとって、ネイマール獲得はチームの崩壊を招きかねない。

 2つ目の理由は、ポグバがクラブの最高経営責任者のエド・ウッドワード氏のお気に入りであること。同氏は、ポグバ自身が移籍希望を匂わせる発言をしたにも関わらず、その放出に否定的と見られている。

 両選手が所属クラブを入れ替える可能性は低いが、ともに移籍の可能性自体はしきりに取り沙汰されており、ネイマールにはレアル・マドリードやバルセロナが、ポグバにはレアルやユヴェントスがそれぞれ関心を示している。

SOCCER KING

最終更新:6/25(火) 13:00
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事