ここから本文です

森保監督が明かした率直な感想「“あと少し”を超えるのは本当に…」

6/25(火) 11:46配信

SOCCER KING

 日本代表は24日にコパ・アメリカ2019・グループステージ第3節でエクアドル代表と対戦し、1-1で引き分けた。

 勝てば決勝トーナメント進出という状況だったが惜しくもドローに終わり、2分け1敗で敗退が決まった。試合後の会見に出席した森保一監督は、「まず、選手たちはこの短期間で成長を見せてくれたと思っています」と選手を労いつつ、「勝ち切れなかったという部分については、まだまだ力が足りなかったということ」と反省。「真摯に受け止めて、私自身も代表の強化にあたっていきたいと思いますし、選手たちには勝ち切れなかったという部分、さらに力をつけるということを考えて、所属チームに戻って活動してもらいたいと思っています」と今後を見据えた。

 具体的な反省としては、「今日もウルグアイ戦もそうですが、先制して追いつかれた、というところ」と言及。「世界のトップトップの相手を無失点に抑えることは簡単ではありませんが、圧力をかけられたときにしっかりと守り切れるように」とまずは守備面での課題を挙げた。

 また、「攻撃では十分、勝てるだけのチャンスは作れたと思います」としたうえで、「最後の決定力という部分は上げていくというところ。選手に明確な目標を持ってもらって、今後の成長につなげてほしいと思っています」とフィニッシュの精度に関しても改善が必要だと述べた。

 そして大会については「惜しいというところから“あと少し”を超えるのは本当に大きな改善と努力が必要だと思います」と率直な感想を漏らした。それでも、「アジアのサッカーもレベルは上がっていると思いますし、南米をはじめ、世界の強豪とも渡り歩いていける戦いができている。そこは選手たちも謙虚に、相手に敬意を払いながらも、『自分たちはできる』と普段通りのメンタリティと勇気を持って戦ってくれた部分は、アジアと世界の差が縮まっているところだと思っています」と自信も覗かせている。

SOCCER KING

最終更新:6/25(火) 11:46
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事