ここから本文です

Creaformのポータブル3Dスキャナー新製品、光沢や詳細形状のスキャン精度が向上

6/26(水) 6:40配信

MONOist

 アメテック クレアフォーム事業部は、同社の3Dスキャナー新製品「HandySCAN BLACK」および「Go!SCAN SPARK」について詳細を明かした。

取り込んだデータ

 クレアフォーム(Creaform)の3Dスキャナー製品は、測定物に自ら近づいていけるハンディータイプであることが特長だ。これまで、航空宇宙産業と自動車産業などを中心に製品を展開してきた。設計、プロダクトデザイン、リバースエンジニアリング、品質管理などで幅広く活用できるという。

 出力データは点群ではなくSTLやOBJなど(※1)で、フルカラーの取得にも対応する。メッシュデータは測定中に生成され、測定完了後、すぐに3Dデータの生成が完了する。「CATIA」「SOLIDWORKS」「Creo」「NX」「Solid Edge」「Inventor」といった、ソリッド3D CADのデータとも互換性を持つ。また、オプションツールとして、データ後処理ソフトウェア「VXmodel」も備える。VXmodelを介して3Dプリンタやソリッド3D CADへ簡単にデータ転送できる。

※1:対応出力形式は「.dae」「.fbx」「.ma」「.obj」「.ply」「.stl」「.txt」「.wrl」「.x3d」「.x3dz」「.zpr」「.3mf」

 「今回発表の新製品(2機種)は、小型の測定物だけではなく、大型の測定物でも便利に使える。例えば、船舶関係などの大規模な測定物の場合、全体を他方式の大型機種(非ポータブル)で取り込み、細部を新製品でスキャンするといった利用が可能だ。もちろん、別々に取得した測定データの合成も簡単に行える」と、米国AMETEK グループのCreaform本社 エンジニアリング・測定サービス担当バイスプレジデントのDavid Gagne氏は述べる。

 新製品(2機種)は、従来機種と比較してデザインが大きく変わり、さらに落下防止のストラップホールや、縦/横置用スタンドが設けられている。また両製品ともに、国際的なプロダクトデザイン賞である「レッド・ドット・デザイン賞2019」を受賞(※2)しており、「測定器のようなニッチな産業機器での受賞は非常に珍しい」とGagne氏は語る。

※2:過去の「レッド・ドット・デザイン2016」では「HandyPROBE Next」「MetraSCAN 3D」「C-Track」が、続く同2017では「MAXSHOT NEXT」が受賞している。

1/3ページ

最終更新:6/26(水) 6:40
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事