ここから本文です

ペナルティが迫るマクラーレン、”スペックB”PU導入のジレンマに直面

6/26(水) 12:25配信

motorsport.com 日本版

 フランスGPでマクラーレンのマシンは高いパフォーマンスを発揮し、カルロス・サインツJr.がベスト・オブ・ザ・レストとなる6位入賞を果たした。チームメイトのランド・ノリスもマシントラブルが発生するまでは7番手を走行するなど、マクラーレンのポテンシャルを示していた。

【動画】F1第8戦フランスGP決勝ハイライト

 マクラーレンにパワーユニット(PU)を供給しているルノーだが、フランスGPでワークスチームのドライバーであるダニエル・リカルドのマシンに、よりパワフルなエンジン(スペックB)を導入。一方でチームメイトのニコ・ヒュルケンベルグはグリッド降格ペナルティを避けるために新型PUの導入は避けていた。

 そして、マクラーレンもフランスGPでスペックBを走らせる選択肢を持っていたが、それは選ばれなかった。チームはスペックB投入を待った方が良いと考えたようだ。

 ただ、今週末に行われるオーストリアGPの舞台となるレッドブル・リンクはパワーが重視されるサーキット。マクラーレンはスペックBのPUを導入するかを検討しているようだが、状況は明確になっていない。

「現時点で、それはまだ検討中のものだ。我々はフランスGP後に再びデータをまとめる必要があり、それから自分たちの計画を実施する必要があるんだ」

 マクラーレンのチーム代表のアンドレアス・ザイドルはそう語った。

「そして特にシーズンの終わりまでのシナリオにはペナルティという面も存在する」

 サインツJr.が開幕戦でMGU-Kの故障に見舞われた結果として、今シーズン既にPUの全コンポーネントが使用可能基数に達しており、ペナルティを受ける寸前になっている。それがマクラーレンの状況を複雑にさせている。

 つまり、もしマクラーレンがスペックBを手にした場合、サインツJr.はグリッド降格ペナルティを受けることになる。

「カルロスがアップグレードを行うと、直ぐにペナルティを受けることになる。それが4基目だからだ。なので我々はそれをいつ行うかの答えを出す必要がある」

「残念ながら、こうしたこともゲームの一部だ。だが、それは周りのライバル達と同じことだ。我々は他のチームがペナルティを受ける姿を見ている。だから考える必要があるんだ」

「だがエンジンは良いステップを踏んだようだ。ルノーがアップデートを持ち込んでいる姿を見るのはとても励まされる」

 ザイドルは、フランスGPでスペックBを投入しなかった理由として、シーズン後半でまた別のPU交換が必要となり、ペナルティを受けることがほぼ確実になるからだ、と説明している。

「結局はシーズンを通じてエンジンをどう使うか、そしてペナルティをどう避けるかの計画を立てる必要があるということだ」

「ルノーが大きなステップを踏んでいるのを目にするのは励みになるし、良いものだ。だが他方で、我々の計画ではそれをまだ使わないほうが良かったんだ。それは単にシーズン終わりまでに我々が受けるペナルティの数を少なくするためだ」

Jonathan Noble

最終更新:6/26(水) 12:25
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事