ここから本文です

【帝王賞】インティ陣営「自分の競馬をしてくれれば」/ねぇさんのトレセン密着

6/26(水) 10:30配信

netkeiba.com

 前走のかしわ記念はスタートで後手を踏んでしまったインティ。ちょっとゲート付近で煩い馬がいて、その影響を受けてしまったようです。

「結果、ハナではなく3番手からの競馬になりましたね。帝王賞はメンバーをみると前にいく馬もいるようでしょうけれど、前目でこの馬の競馬をするだけですよ」と担当の和田助手。

 宝塚記念でレーン騎手が積極策からリスグラシューを勝利に導きましたが、その話をふると「オメガパフュームでも勝てる位置につけてくるでしょうね」と。

 やはり、そう思わせますよね。ホント、宝塚記念の直後の取材はどこに行ってもレーン騎手の好騎乗ぶりが自然と話題になってました。

 さて、今回はインティにとって初のナイター競馬となります。実は陣営は4月くらいに意識的に夜暗い時間帯での調教をインティに課しています。そのときのインティは少しだけ落ち着きがなかったとか。

「そのときは、ひとりだったのでキョロキョロしていましたけどね。でも、帝王賞はみんないるし、ナイターの照明で明るいので大丈夫でしょう」

 距離延長について陣営は「問題ないと思う」としていますし、どの陣営もよくやることですが、少し長めを乗ったりして慣らすように仕向けています。

「帝王賞を目標に順調に調整してこれています。無事、自分の競馬をしてくれれば、と思っています」

(取材・文:花岡貴子)

最終更新:6/26(水) 10:39
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事