ここから本文です

アマゾン、メルカリ、ラクマの利用者数は昨年比で2桁成長/スマホのみの利用が増加【ニールセン調査】

6/26(水) 13:20配信

MarkeZine

アマゾン、メルカリ、ラクマの利用者数は昨年比で2桁成長/スマホのみの利用が増加【ニールセン調査】

図表1

 ニールセン デジタルは、「ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings)」のパネルベースのデータとスマートフォン視聴率情報「ニールセン モバイル ネットビュー(Nielsen Mobile NetView)」のデータをもとに、オンラインショッピングサービスとフリマサービスの利用状況を発表した。

【写真・画像】図表2

●「アマゾン」、「メルカリ」、「ラクマ」の利用者数は昨年同月比で2桁成長

 2019年4月時点のPCとスマートフォンの重複を除いた「トータルデジタル」でオンラインショッピングサービスの利用者数を見ると、「アマゾン」が5,004万人(昨年同月比+10%)、楽天市場が4,804万人(同+8%)と堅調な成長を見せていることがわかった。フリマサービスでは、「メルカリ」が2,216万人(同+33%)、「ラクマ」が1,115万人(同+34%)とそれぞれ大きく利用者数を伸ばした。

図表1●スマートフォンのみの利用者が全体の成長を牽引

 大きく利用者数を伸ばしたサービスを使用デバイス別で見ると、いずれのサービスもスマートフォンのみで利用している人の増加が、全体の利用者数の増加を牽引していることがわかった。2018年4月時点ではパソコンからの利用者数が約3割いた「アマゾン」と「楽天」においても、パソコンからの利用者数は全体の増加傾向に反して減少し、全体利用者の3割を割り込んでいることが明らかとなった。

図表2●ECサービス利用者の平均年齢は全体的に上昇傾向

 スマートフォン上でのECサービスの利用者属性を、ポジショニングマップで表して昨年からの推移をみたものが図表3になる。このポジショニングマップは、上に行くほど平均年齢が高く、右に行くほど女性割合が高いことを示す。

 まず、昨年同月比で利用者数2桁成長を見せた「メルカリ」、「ラクマ」の利用者は、スマートフォン利用者の平均年齢と比較して若く、女性の利用者割合が高いことが窺える。また昨年からの利用者属性の推移を見てみると、ECサービスの全体的な傾向として平均年齢が上昇していることがわかる。

 そして、「楽天市場」、「メルカリ」、「ラクマ」では男性の割合が増え、「アマゾン」のみ女性の利用者割合が増えている。従来「アマゾン」は男性、「楽天市場」は女性の割合が高い傾向があったが、「アマゾン」と「楽天市場」の利用者属性が徐々に近づいてきている傾向が見られた。

図表3

最終更新:6/26(水) 13:20
MarkeZine

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事