ここから本文です

「スシロー」の次世代型店舗が開店、業界初の「画像認識による自動皿会計システム」導入

6/26(水) 7:11配信

Web担当者Forum

回転ずしのチェーン店「スシロー」を展開するあきんどスシローは、次世代型のスシロー店舗を兵庫県伊丹市に6月26日開店する、と6月25日発表した。「スシロー伊丹荒牧店」をリニューアルした。回転ずし業界で初となる最新のシステムや技術を採り入れ、店舗オペレーションを省力化するとともに、顧客の満足度を高める。

同店には業界初の「画像認識による自動皿会計システム」を導入した。テーブルの両端に設置したカメラで皿を画像認識し、テーブルごとに皿の数を自動でカウント。会計待ちの時間を短縮し、数え間違いのトラブルをなくす。オーダー品を届ける際の従業員の負荷を減らす仕組み「キッチン内オートウェイター」も採用した。

さらに、顧客が事前予約した商品を店舗で受け取る「自動土産ロッカー」を入れた。QRコードをかざしてスムーズに取り出せる。最新設備によって従業員は、味に直結する切りつけ、揚げ、あぶり、皮引き、盛り付けなど手間をかける業務に集中でき、顧客の満足度向上につながるという。人手不足の問題にも対応可能になる。

最終更新:6/26(水) 7:11
Web担当者Forum

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事