ここから本文です

吉本芸人11人謹慎!半グレ暴走で第2第3の動画流出か

6/26(水) 11:01配信

東スポWeb

 吉本興業の芸人多数が関与した「闇営業」問題で24日、人気コンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)ら同社所属の11人が無期限謹慎処分となったことを受け、ネット上では「それ見たことか!」のオンパレードだ。だが、闇営業問題には別の一面もある。今回のケースは、情報の出どころが「詐欺グループの元メンバーといわれる半グレ連中」で、明らかにカネ目当てだという。しかも同様の証拠写真は「いくらでもある」と自慢している半グレまで存在する。第2第3の騒動が起こる可能性は極めて高い――。

 あれだけ「一銭ももらっていません」と強調していた芸人たちが、前言を翻し「やっぱりもらっていました」となったのだから、世間の反応は当然手厳しい。ネット上では「ウソばっか」「自己保身」「引退した方がいいのでは?」と、鬼の首を取ったかのような書き込みが相次いでいる。

 処分された芸人は別表の通り。この件ではすでに今月上旬、「カラテカ」入江慎也が契約を解除されている。確かに、多くの被害者を出した特殊詐欺グループからギャラをもらっていたのだから、情状酌量の余地はない。その一方で違和感も生じさせる。芸能関係者の話。

「写真や動画を流出させたのは、詐欺グループの元メンバーといわれる半グレ連中ですからね。正義感で告発したのとはワケが違います。最初は小遣い稼ぎのノリだったそうです」

 つまり、情報の広まり方の“筋が悪い”のだ。しかも半グレ集団は、あるタイミングから暴走し始めたという。

「最初の報道を受けて、吉本が『カラテカ』の入江慎也をクビにしたところから、流れが変わりました。想像以上の反響に、半グレグループが調子に乗って“これはカネになる”と。それ以来、元暴力団組員を巻き込みながら、ヤツらは複数の週刊誌に未公開写真や動画を持ち込み始めたのです」(別の関係者)

 その際の態度も褒められたものではなく「○○はいくら出すって言ったけど、おたくは?」といった具合で、完全に“上から目線”で価格のつり上げを狙うようになったという。

 そうした状況下だけに、吉本が芸人に下した厳しい処分が逆に火に油を注ぐ事態にもなりかねない。

「六本木や麻布を根城とする半グレグループは、まだまだたくさんのスキャンダル写真を保有しているとの噂です。彼らは証拠主義で、芸能人相手のトラブルがあったら、必ず録音や写真に収めますから。今回の騒動を見たグループの一人が『こんなんでいいなら、いくらでもあるんだけど』と、高笑いしていたといいます」とは裏社会に詳しい事情通。

 10年ほど前に半グレグループから追い込みをかけられ、土下座した某人気芸人や、反社会的勢力が参加する飲み会に参加した男性アイドルの写真など、一度は裏で「話がついた」とされる“代物”が、この機に乗じて流出するかもしれない。

 さらに危惧されるのは、そうした武器を材料に恐喝に走ることだ。

 前出芸能関係者は「今回の騒動を見てもわかる通り、売れっ子芸人一人が飛ぶだけで、テレビ局などは大損害を被るからね。それを逆手に取って、スキャンダル写真をマスコミではなく、事務所などに持ち込んで『買い取れ』とやるんです。完全な恐喝罪ですが、やられた側はすぐに警察に通報できるかどうか…」と話す。

 現在、吉本芸人の一部には六本木・麻布かいわいへの“夜遊び禁止令”が出されているという。これは新たな火種を生まないための措置だろうが、時すでに遅し、の感も否めない。

最終更新:6/26(水) 11:01
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事