ここから本文です

「このサービスは信頼できない」と感じたら、どうする?

6/26(水) 7:05配信

ITmedia NEWS

 先日、マイクロソフトが興味深い発表をしました。最近ホットなテーマである、デジタルサービスの「信頼性」を扱ったものです。

話題になった「Yahoo!スコア」

 日本を含むアジア14カ国を対象に、マイクロソフトとIDC Asia/Pacificが共同調査しました。私たち消費者が、政府や企業のデジタルサービスを使うときに、セキュリティや個人情報などのリスクに対してどれほど関心を持っているのかを調べています。

 調査によると、「多少価格が上がったとしても、信頼性の高いデジタルサービスを利用する」と答えた日本の消費者は3人に1人。これを多いとみるか少ないとみるかは判断が分かれると思いますが、非常に興味深いのでぜひ公式サイトで直接そのデータを参照してみてください。

「このサービスは信頼できない」と感じたら

 では「このサービスは信頼できない」と感じたら、消費者はどのように行動するのでしょうか。調査では、日本の消費者の約40%が「信頼を損なう体験があったら、ほかの企業のサービスに切り替える」と回答。約25%は「サービスの使用を完全に停止する」と答えました。これはアジア太平洋地域と比べると少ない数字です。

 一方で、それでも「サービスを継続する」と答えた日本の消費者は16%で、アジア太平洋地域の13%を上回りました。これを見る限り、「日本人は他のアジア太平洋地域に比べ、信頼できないサービスをそのまま使い続ける」傾向があるように思います。

 マイクロソフトは、企業が消費者にデジタルサービスを使ってもらうには信頼の獲得が必要だと説いています。最近は「EU一般データ保護規則」(GDPR)の影響で、日本でも個人情報やプライバシー保護への意識が高まっています。

 またアジア太平洋経済協力会議(APEC)は、国境を越えて移転する個人情報を適切に保護する仕組みである「越境プライバシールール」の普及に取り組んでいます。サービス提供者は、こうした世の中の動向を常にチェックしておく必要があるでしょう。

1/2ページ

最終更新:6/26(水) 13:03
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事