ここから本文です

テミン、ソロで二度目の日本武道館公演でワールドワイドな唯一無二のステージ

6/26(水) 22:00配信

エキサイトミュージック

テミン(SHINee)が、初の全国ソロアリーナツアー『TAEMIN ARENA TOUR 2019 ~X~』で、約2年ぶりとなる日本武道館での公演を行った。ソロとして日本武道館のステージに立つのは、2017年の初のソロステージ『TAEMIN THE 1st STAGE 日本武道館』以来2回目となり、テミンにとっても思い出深いステージとなった。さらに、『TAEMIN ARENA TOUR 2019 ~X~』の追加公演も発表されるなどツアー中盤の日本武道館公演は最高潮の盛り上がりをみせた。

6月8日、9日の北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナからスタートした初の全国アリーナツアー『TAEMIN ARENA TOUR 2019 ~X~』の「~X~」には、声、歌、ダンス、ファッション……「X」に代入させる全てをテミンのトレードマークのように、“テミンだけの解釈・色”で見せるステージを作るという抱負が込められている。また、“会場にいるファンの皆さんと盛り上がって、楽しいツアーにすること”をテミン自らテーマに掲げ、ファンの皆さんとのつながりを大切にするステージとなっている。

テミンの真骨頂である誰にもマネできないダンスパフォーマンスでは、会場超満員の観客を完全に魅了し、一方でファンとのコール&レスポンスでは、ファンの皆さんと一緒に公演を楽しむといった2面性の魅力を見せつけた。2年ぶりの日本武道館の公演では、ソロアーティストとして、さらに深みの増したステイタスを披露し、確実な進化した姿を証明してみせた。

さらにライブ終盤のMCでは、SHINeeのメンバーの近況に触れ、「皆さんの応援でSHINeeはもっと頑張れます。お返しできるよう頑張るので、これからも見守ってください」とメンバー全員の想いを代弁し感謝を伝える一幕もあった。

本ツアーでは、8月28日に発売される3rdミニアルバムからの新曲「Colours」「Slave」の2曲や韓国での最新曲を初披露するなど、世界をステージに活躍するテミンらしいワールドクラスなパフォーマンスで、始まりから終わりまで、会場中を釘付けにする。さらに、変幻自在に姿を変えるキネシスを駆使した照明の演出で、別世界にいるかのようなテミンの世界観を演出している。

さらに、ファンの皆さんの多くの声援と要望に応えるかたちで、8月10日、11日、12日の3日間、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナでの追加公演も決定。8月28日には日本での3rdミニアルバムのリリースも決定している。

最終更新:6/26(水) 22:00
エキサイトミュージック

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事