ここから本文です

渡邉彩香と三浦桃香 リランキング前の厳しい現実

6/26(水) 19:32配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内女子◇アース・モンダミンカップ 事前情報(26日)◇カメリアヒルズCC(千葉県)◇6622yd(パー72)

【写真】イ・ボミは一生懸命

国内女子ツアー17試合目を迎える今大会の終了後、シード権を持たない選手を対象に、賞金ランキングに応じて出場の優先順位が組み替わるリランキングが実施される。第2回リランキング(9月中旬)までの出場権を獲得する目安はリランキングで40位以内とされている。

「意識をしてもしようがない」と話すのは25歳の渡邉彩香。渡邉は2012年のプロテストに合格した翌年から5年間にわたりシード権を守っていたが、昨季の賞金ランキングで55位となり、今季は序盤戦のみの出場権となっていた。

今季15試合中4試合で予選通過し、獲得した賞金は163万5000円。リランキングでは58位に沈む。「予選落ちが続いたときは考えないようにしてもマイナスのことが浮かんだ。毎週全力で試合に向かっても結果が出ない状況で、必要な試練というか時間なのかなと思うようにしている」と目の前の現実に立ち向かう。

同じく「意識しても無駄なので、意識しないです」と主張するのは20歳の三浦桃香。三浦は今季16試合に出場し、予選通過したのは3試合。大会前の同ランクは66位(93万5000円)と厳しい状況だ。

今大会で順位を浮上させられなかった場合、同ツアーに出場するためには年間8試合に限られる主催者推薦のみとなる。三浦は「(調子は)分かりません。あくまで1試合と思ってゴルフします」とこの日は、18ホール練習ラウンドし、パッティンググリーンへと向かった。(千葉県袖ケ浦市/石井操)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ