ここから本文です

「黒板アート甲子園」 知事が最優秀の会津学鳳高訪問

6/26(水) 9:46配信

福島民報

 内堀雅雄知事は二十五日、会津若松市の会津学鳳高を訪れ、黒板にチョークを使って描く絵の大会「日学・黒板アート甲子園」2019で最優秀賞に輝いた作品を鑑賞し、美術部員をたたえた。

 作品は同部の長谷川藍さん(二年)ら五人が黒板を重箱に見立て、お節料理を立体的に描いた縦百十センチ、横三百三十センチの大作。

 知事は「黒板に描いていると思えない作品。皆で力を合わせ日本一に輝いた。素晴らしい」とたたえた。制作の様子も見学した。作品は七月三十日に開かれる中学生向けの学校公開まで展示する。

最終更新:6/26(水) 9:46
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事