ここから本文です

【ソフト&ハード週間販売数】『妖怪ウォッチ4』が15万本で初登場1位! 約2ヵ月ぶりの週販10万本超えタイトルに【6/17~6/23】

6/26(水) 22:02配信

ファミ通.com

 シリーズ最新作で、初のNintendo Switch対応タイトルとして発売された『妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている』が、15万721本のセールスで初登場1位となった。ちなみに、週間で10万本を超えたのは、4月22日~28日週の『Days Gone(デイズ・ゴーン)』以来、約2ヵ月ぶりとなる。なお、最近、家庭用ゲーム機で発売された『妖怪ウォッチ』シリーズ作の初週販売本数を振り返ると、『妖怪ウォッチ3 スキヤキ』(2016年12月15日発売)が33万3240本、『妖怪ウォッチバスターズ2 秘宝伝説バンバラヤー ソード/マグナム』(2017年12月16日発売)が21万6302本となっている。

 これまでのニンテンドー3DSからNintnedo Switchへとプラットフォームを変更した『妖怪ウォッチ4』。ゲームの舞台は、現代・過去・未来・妖魔界という4つの世界。妖怪ウォッチの能力を使う“ウォッチャー”として、ともだち妖怪とともにフィールドで戦い、攻撃にも参加できる。また、ゲーム内のクエストに、『ゲゲゲの鬼太郎』の鬼太郎と目玉おやじが参加することも話題に。

 ハードに目を向けると、Nintendo Switchがトップながら29058台と、4週ぶりに週販30000台を割り込んだ。『妖怪ウォッチ4』が発売された週だけに、少し意外な結果に。一方、“Days of Play”キャンペーンが終了したプレイステーション4とプレイステーション4 Proは、週販台数が落ち着きつつある。
ソフト推定販売本数TOP10


1位(初登場) Switch 妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている
15万721本/レベルファイブ/2019年6月20日発売

2位(初登場) PS4 龍が如く5 夢、叶えし者
21047本/セガゲームス/2019年6月20日発売

3位(先週1位) Switch ドラえもん のび太の牧場物語
14565本(累計:56795本)/バンダイナムコエンターテインメント/2019年6月13日発売

4位(先週2位) Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
8342本(累計:313万339本)/任天堂/2018年12月7日発売

5位(先週3位) Switch Minecraft
7071本(累計:82万2890本)/日本マイクロソフト/2018年6月21日発売

6位(先週4位) Switch マリオカート8 デラックス
6758本(累計:234万681本)/任天堂/2017年4月28日発売

7位(先週6位) Switch ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
4795本(累計:134万2962本)/任天堂/2017年3月3日発売

8位(先週5位) Switch ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ
4702本(累計:155万8174本)/ポケモン/2018年11月16日発売

9位(先週7位) Switch スプラトゥーン2
4479本(累計:309万3638本)/任天堂/2017年7月21日発売

10位(先週8位) Switch New スーパーマリオブラザーズ U デラックス
4044本(累計:63万8709本)/任天堂/2019年1月11日発売

※11位より下の数値は、ゲーム販売本数ランキングページにて2019年6月27日(木)以降に公開予定です。


ハード推定販売台数

Nintendo Switch/29058台(累計:831万4242台)
プレイステーション4/9501台(累計:698万2930台)
プレイステーション4 Pro/6210台(累計119万7592台)
Xbox One X/225台(累計:15946台)
Xbox One S/88台(累計:90619台)

Newニンテンドー2DS LL(ニンテンドー2DS含む)/1927台(累計:163万1908台)
Newニンテンドー3DS LL/435台(累計:588万411台)
プレイステーション Vita/128台(586万947台)

※ゲームソフト&ハードとともに、集計期間は2019年6月17日~2019年6月23日。

最終更新:6/27(木) 18:48
ファミ通.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事