ここから本文です

追い越しが難しい! リカルド、ポール・リカールのレイアウト変更を提案

6/26(水) 19:07配信

motorsport.com 日本版

 ルノーのダニエル・リカルドは、フランスGPの主宰者はポール・リカール・サーキットのレイアウト変更を検討するべきだと語った。

【動画】F1第8戦フランスGP決勝ハイライト

 今年のフランスGPは、トップグループにドラマもあまり起きず、退屈なレースだったという苦情に直面することになった。ファイナルラップで、トラブルを抱えていたランド・ノリス(マクラーレン)が、リカルドを含む3台のマシンに襲いかかられたシーンが最大のハイライトだったと言っていいだろう。

 リカルドはファイナルラップのターン8~9(シケイン)でノリスを交わし、キミ・ライコネン(アルファロメオ)の前、7番手でレースを終えたものの、ペナルティで11位に降着となった。

 リカルドは、レースにおいてオーバーテイクは”トリッキー”だったと振り返った。

「DRSゾーンの終わりにあるターン8に向けて、横に並べない限りはブレーキをかなり遅らせなくちゃいけない。本当に大変なんだ」

「路面も新しくなっていることもあって、もしラインを外れてしまったり、オーバースピードになってしまったら、コーナーを曲がれない。1列しかラインができていない。それで、オーバーテイクも難しかったと思う」

 サーキットの特性が、レースに悪影響を及ぼしたのかと訊かれると、リカルドは次のように述べた。

「それは難しい。(ポール・リカールには)多くのロングコーナーがあるけど、そういった中速コーナーでは、他車の近くに留まるのにとても苦労した。最初の数周、ソフトタイヤを履いたマシンの後ろにいた時は、ただただタイヤを殺してしまっていた」

「スタートで交わせなかった僕のせいだけど、レースを難しくしてしまった。ここのレイアウトはとてもたくさんのバリエーションがある。おそらく、他のレイアウトを検討することができるろう」

 ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)は、レースの大部分でライコネンに抑え込まれてしまい、フラストレーションの溜まる午後を過ごした。彼は、チームメイトであるリカルドの意見に同意し、今のサーキット・レイアウトは現行F1マシンでは上手く機能しないと話した。

「(今のマシンは)速いし壮観だけど、問題は他のマシンに近づけないということだ。その点で、ポール・リカールは最低のトラックのひとつだ」

「常に3~4速を使い、スピードはかなり高い。だから空力の効果はとても大きいんだ。それが、1時間半を費やして僕が経験した全てだ」

「だけど、2021年の規則では適切に対処されることを願っている。上手く行けば、今回のようなトラックでも遥かに良いレースができるだろう」

Jonathan Noble

最終更新:6/26(水) 19:07
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事