ここから本文です

妻夫木聡&豊川悦司、W主演でも製作費集まらず…“難産”だった台湾ロケ映画

6/26(水) 20:01配信

シネマトゥデイ

 俳優の妻夫木聡と豊川悦司が26日、都内で行われた映画『パラダイス・ネクスト』(7月27日公開)ジャパンプレミア試写会に登壇。確固たる人気・実力を兼ね備えた二人の主演でも、日本での映画製作は難しいようで、紆余曲折の末の本作誕生に感慨をにじませた。この日は、半野喜弘監督も来場した。

【動画】豊川悦司、妻夫木聡に「ブッキーが大好き」

 本作は、台北でひっそりと暮らす島(豊川)と、何者かに命を狙われている牧野(妻夫木)、暗い過去を背負う男たちが異国の地で繰り広げる逃避行を、全編台湾ロケで撮り上げたノワールサスペンス。名匠ホウ・シャオシェン、ジャ・ジャンクーらの映画音楽で知られる半野喜弘がメガホンを取った。

 企画から携わった妻夫木は、「監督と初めてお会いして3年ちょっと。まさかこの日が来るとは思っていませんでした。本当にうれしいです」と感激しきり。「監督とは脚本のことを話したり、(日本では)お金が集まらないとか(話した)」と振り返ると、半野監督も「20回くらい頓挫しそうになった。豊川さん(の出演)も決まって完全にやるつもりだったのが何となく上手くいかず……」と吐露。さらに、「二人が役を受けてくれた時に1円のお金も集まっていなかったんですよ。しかも、1、2か月間スケジュールを抑えてもらったのに(予定を)飛ばした」とも明かし、「普通だったら、業界的にもダメなくらいのことだけど、お二人も事務所も続けようと言ってくれた」と感謝。映画の完成を「奇跡的」と喜んだ。

 一方の豊川も、「こういう企画は最近なかったし、台湾で撮るということ、ブッキー(妻夫木)が音頭を取っていることを含めてやりたいと思った」と回顧。とはいえ、「僕も最初は企画を聞いて、これは成立するのかな? って(思った)」そうで、「実際、話をいただいてから3年くらいあったもんね。そういう意味では、難産の末の子供」と苦労をにじませた。

 そんな豊川と映画『ジャッジ!』(2014)などで共演している妻夫木は、以前から互いにがっつりとした演技合戦を希望していたこともあり、最初から半野監督が島役を豊川と決めていたことが「一番うれしかった」とにっこり。「お兄ちゃんのようで、甘えさせてくれる存在なので、今回はいっぱい甘えさせていただきました」と話すと、豊川も「僕もブッキーが大好き。女だったら恋していると思います」と相思相愛ぶりを見せつけていた。

 ちなみに、本作は企画を台湾に持ち込むとスムーズに事が進んだものの、撮影は苦戦続き。妻夫木が挑んだラストの海でのシーンは、波が高くて命がけだったり、クランクインから4日目に半野監督が渇を入れたら、4人しかいなかった現地の演出部スタッフ全員が辞めたり、今では笑い話となった過酷エピソードを披露していた。(取材:錦怜那)

最終更新:6/26(水) 20:52
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事