ここから本文です

魔裟斗 K-1世界最強決定Tの最注目は武居由樹「鉄球のようなパンチ」

6/26(水) 16:08配信

デイリースポーツ

 「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~」(30日、両国国技館)

 2003、08年のK-1 WORLD MAX世界王者で、現在はタレントとして活躍するマット界のレジェンド、魔裟斗(40)が、AbemaTVの生放送でスペシャルゲスト解説を務める今大会へのコメントを26日、発表した。

 令和初のK-1 WORLD GPとなる今大会で行われるSバンタム級の世界最強決定トーナメントについて、魔裟斗は「出場選手の最注目は、やはり現チャンピオンの武居由樹選手でしょう。抜群の攻撃力で、70%を超えるKO率をマークしていることは脅威の一言」と明言。先日、初めて武居のミットを持ったという魔裟斗は「まるで鉄球のような重みのあるパンチ」と振り返り、1回戦のアレックス・リーバス戦を「事実上の決勝戦と言えるのではないか」と指摘した。

 王者ゲーオ・ウィラサクレックに安保瑠輝也が挑戦するSライト級タイトルマッチについては、ゲーオを「全盛期からやや陰りが出たものの、そのテクニックは健在」、安保を「いま同階級で最も勢いのある」と評価。

 また、スーパーファイトでは木村“フィリップ”ミノルと村越優汰を注目選手として挙げている。

最終更新:6/27(木) 7:58
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事