ここから本文です

元KARAハラ、生放送で“ポロリ”自殺未遂後初ステージで圧巻パフォに「流石プロ」など称賛の声

6/26(水) 21:39配信

スポーツ報知

 先月26日に自殺未遂で病院に搬送された韓国のガールズグループ「KARA」の元メンバー、HARA(ク・ハラ、28)が26日、テレビ東京「テレ東音楽祭2019」(後5時55分)に騒動後初めてテレビに登場し、真相を語った。

【写真】深田恭子、35歳ビキニ姿満載「ぜひご覧いただいて」

 笑顔で登場したハラは「緊張するんですけど。お久しぶりです、皆さん」と第一声。

 総合MCの国分太一(44)が「ちょっと日本中の皆さんが心配したところもありましたけど、大丈夫ですか」と質問をすると、「ご覧のとおり、ハラはものすごく元気です」と回復したことをアピール。「これから歌手として一生懸命活動したいと思いますが、応援よろしくお願いします」と決意を述べた。

 その後、KARAの大ヒット曲「ミスター」を、女性7人組ダンスボーカルグループ「Chuning Candy」と共に披露したが、途中で衣装がさがり胸の部分の下着が露出する“ポロリ”のアクシデント。思わぬ出来事にも負けず、最後までキレのあるダンスを披露し、見事なプロ根性で乗り切った。

 SNS上には「衣装事故で残念だった。でも元気そうでよかった」「衣装ポロリしてブラが見えかけても動じないハラにはプロを感じた」「すてきなパフォーマンスありがとう」「最後までよく頑張って歌い切ってすごい 流石プロだわ」などの声があがっていた。

最終更新:6/27(木) 5:54
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事