ここから本文です

アキラ100%、ブレーク後に“白髪”が増えた理由

6/26(水) 7:01配信

テレ朝POST

2017年にピン芸人コンクール『R-1ぐらんぷり』で優勝したその日から仕事のオファーが殺到したというアキラ100%さん。10年以上続けてきたバイト、スポーツジムのインストラクターも辞めて売れっ子芸人として超多忙な日々を送ることに。

◆“見えそうで見せない”裸芸は毎回ヒヤヒヤの連続

-お盆を手に1日に何回もやるわけですから神経も使うでしょうね-

「そうですね。確かに。やっぱりミスできないというプレッシャーだと思うんですけど、優勝してからすごい白髪が増えちゃって(笑)。緊張する回数も増えましたし、ストレスでしょうね。

R-1も生放送で緊張したんですけれど、優勝したらすぐにもう翌朝の情報番組にも出させてもらうことになって、それも緊張しました。ずっとそういうことが続いている感じで、毎回ヒヤヒヤしながらやっています(笑)」

-お母さまは裸芸については何かおっしゃっています?-

「おふくろは笑うというよりも心配だって言っていましたね。『見えちゃうんじゃないか、失敗するんじゃないかって心配で、面白いかどうかよくわからない』って(笑)。

優勝してすぐ親戚のおばさんからもメールがきたんですけど、面白いとかっていうことよりも、『上手に隠せていましたね』って書いてありましたから、身内はみんなそうかもしれませんね(笑)」

ブレークしてテレビ番組の企画にも多く出演するようになったアキラ100%さん。昨年は『芸能人が本気で考えた!ドッキリさせちゃうぞGP』(フジテレビ系)で、お母さんが昔から大ファンだった中尾彬さんとお母さんを対面させるという企画も。

-アキラさんの本名はお母さまが中尾彬さんから付けられたそうですね-

「おふくろが昔から中尾彬さんの大ファンだったので、『彬』って付けたかったみたいなんですけど、僕が生まれた当時はあの字が人名として使えなかったらしいんですよ。それで“さんづくり”だけ残して『彰』にしたんだと思います」

-お母様が大好きな中尾さんと会うことができたのもブレークされた結果ですね-

「そうですね。おふくろがすごい喜んでいたのでうれしかったです」

-とても親孝行な企画でしたね-

「はい。僕が『はい』って言うのもおかしいですけど(笑)。本当におふくろはうれしかったんだろうなぁって思います。あんなにテンションが上がっているおふくろを見るのは、それまでに1回か2回あったかどうかっていうぐらいで、ずっと中尾さんのネジネジを持って話していましたからね(笑)。ドッキリだとわかっても、もうどうでも良いという感じでハグまでしちゃって…(笑)。青春時代の気持ちがちょっとよみがえったかもしれないですね」

1/3ページ

最終更新:6/26(水) 7:01
テレ朝POST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事