ここから本文です

梅沢富美男「金持ちになんてなりたくないよ。俺は贅沢がしたいんだ」

6/26(水) 7:00配信

LEON.JP

俺は本当に貧乏だったんだ。それが、'80年代に一気にスターになった。『夢芝居』がヒットして紅白(歌合戦)にも出た。テレビからのオファーも殺到した。でも、俺はそれを全部断って、日本中を劇団公演することを選んだんです。

一年365日休み無く舞台に立った。それを7年ほど続けた。あっという間に“金持ち”になりましたよ。本当に驚く程金が入ってきた。でも、文字通り湯水のように使ったけどね(笑)。

俺のおふくろは「なんでもみんなで分けなさい。分けられないなら隠しなさい」っていう人だった。だから、俺は劇団員みんなで贅沢しようと思ったんだ。

子ども時代の夢が“金持ちになること”だったら、その時点で仕事はやめてたかもな。だって“金持ち”になったんだから(笑)。でも、俺は金持ちになんてなりたくなかった。贅沢がしたかったんだよ。“贅沢”には終りがない。あったらあった分だけ使っちゃうから、ず~っと稼ぎ続かないといけないんだよ(笑)。

仕事のギャラは知らないけど、舞台の制作費には細かいよ

俺は銀行に貯金がいくらあるかなんてまったく興味ない。全部女房が管理してくれてるから、老後の2000万くらいはあるんじゃないかな(笑)。

今はずいぶんテレビのお仕事が増えてきたけど、それだってギャラがいくらなんてまったく知りません。仕事を受ける受けないはギャラの金額じゃなくて、空いてるかどうかだけだね。その方がシンプルでいいだろ? 

ただ、公演の方はきっちりと把握してますよ。そうじゃなかったら制作出来ないから。役者さんやスタッフさんのギャラも衣裳やカツラの値段もきっちりと計算してる。

最近はおかげさまでCMが頂けるからね~(笑)。舞台にお金が掛けられてうれしいですよ。俺は道具にこだわるからね。女優さんの付けるカツラなんて一面60万ですよ! それを曲ごとに替えてるんだから。みんなキャーキャー言って喜んでますよ(笑)。女房も「舞台にはきちんとお金をかけて、いい衣裳を作って下さいね」って言ってくれるからね。ありがたいことです。

1/2ページ

最終更新:6/26(水) 7:00
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事