ここから本文です

東京・江戸川マンション遺体は住人男性 長男は行方不明

6/26(水) 20:47配信

TOKYO MX

TOKYO MX

 6月24日に東京・江戸川区のマンションで男性の遺体が見つかった事件で、亡くなった男性の身元はこの家に住む64歳の会社員であることが分かりました。

 24日午後11時半ごろ、江戸川区南篠崎町にあるマンションの室内で、この部屋に住んでいたとみられる男性の遺体が見つかりました。その後の警視庁の調べで、亡くなった男性はこの部屋に住む会社員・本多裕孝さん(64)と分かりました。

 これまでの調べによりますと、本多さんの顔や上半身には殴られたような痕が複数あり、出血していたということです。また、本多さんは21日の金曜日に会社の同僚に会っていましたが、事件が明らかになった週明けの24日は出勤しませんでした。24日夕方、会社の同僚から「出勤予定だったのに会社に姿を見せず、連絡がつかない」と交番に届け出があったということです。

 本多さんとこの部屋で2人暮らしをしていた30代の長男と今も連絡が取れず、警視庁が行方を捜しています。

最終更新:6/26(水) 20:47
TOKYO MX

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ