ここから本文です

えっ、育児参加しているつもり? そんな夫に、妻がぶつける「本音あるある」

6/26(水) 17:30配信

アーバン ライフ メトロ

夫に求める育児のハードルは低い

 東京都産業労働局の「平成30年度 東京都男女雇用平等参画状況調査 結果報告」によると、2018(平成30)年の東京都の育児休業取得率は男性従業員16.6%、女性従業員95.9%でした。

【データで見る】男性の育児休暇、取りたいのに取れない! 思わず同情したくなる切実な実態とは?

「ワークライフバランス」「働き方改革」という言葉が叫ばれながらも、いまだに男性の育児参加が乏しい現代の日本。筆者の夫も土日関係なく仕事が忙しいため、筆者はほぼ毎日ワンオペ育児をしています。

 しかし、夫に求める育児のハードルがかなり低いことを自覚していながらも、「せめてこれだけはやってよ!」と思ってしまうことは少なくありません。

 筆者の経験や周囲の声をもとに、育児に関して妻が夫に感じている“リアル”をご紹介します。

1時間の育児で「褒めて」?

 それは産後2か月頃。筆者は、毎日昼夜問わない2~3時間ごとの授乳により、寝不足になっていました。そんな状況を見かねた夫はとある日曜日、筆者を少しでも眠らせようと「今から次の授乳まで3時間、ふたりで過ごすよ!」と申し出てくれました。

 これまで3時間なんて長い時間、子どものお世話をしたことがなかった夫。心配しつつもその優しい言葉に甘え、寝室で横になることに。産後初めて、隣に息子がいない状態で気兼ねなく昼寝ができることに幸せを感じながら、すぐに眠りにつきました。

 その後、寝室に息子を抱っこした夫が訪ねてきたことで目が覚めた筆者。時計を見ると仮眠を始めた時から約1時間しか経過していません。

「ごめん、泣かれっぱなしでもう限界……。もうお腹空いたみたいだから授乳の時間かも」と言われ、仕方なしに昼寝をやめることに。それでも仮眠できたことで、だいぶ疲れが取れた気分でした。

 授乳をしていると、夫は「1時間もお世話したよ!すごくない?」となんだかものすごい達成感を覚えている様子。

 そうか、1時間……。こちらは24時間365日お世話しているけどなあ。

 産後初めて筆者をひとりきりにさせてくれたことに感謝の念を抱きつつも、1時間の育児に対して褒めざるを得ない状況に、なんだかモヤモヤしてしまった一件でした。せめて3時間くらいは安心して任せられるようになりたい、と。

1/3ページ

最終更新:7/1(月) 21:25
アーバン ライフ メトロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事