ここから本文です

夏風邪「手足口病」が流行の兆し タオルの共用は要注意

6/26(水) 11:01配信

中京テレビNEWS

 家庭で使っているタオルは、1人1人別?それとも共用でしょうか?

 今年流行の兆しを見せるのは「夏風邪」と呼ばれる「手足口病」。家族で共用するタオルが原因で手足口病に感染するケースがあるといいます。注意すべき点とは?

 愛知県岡崎市にある医院、「花田こどもクリニック」。

「おなかが痛くて」
「(この子の)下の子も最近風邪をひいている」
「きのう熱が出てきました。ちょっとだるい」(患者)

 これから増えてくるのが、「夏風邪」。その「夏風邪」をまん延させないために重要なのが、家の中にある“タオル”だといいます。

Q.みなさん、家の中のタオルは1人ずつ別々ですか?それとも共用ですか?
「全部でうち10人家族。みんな一緒だよね。1枚しかないもん」
「トイレとか洗面台のタオルは一緒ですね」
「共用で使っています。別々だと管理も大変なので」(街の人)

 「夏風邪」予防の鍵がタオルとは、どういうことか?

 手洗いうがいを毎日している、名古屋市中村区にある保育園「ささしまちとせ保育園」。園児たちは手を拭くタオルをそれぞれ自宅から持参していました。

「“タオルを介して感染”することもあるので、“本人のタオルで拭く”ということを徹底しています」(ささしまちとせ保育園 吉田郁代園長)

 「夏風邪」のウイルスは、手洗い後のタオルを介して感染することもあるので、共用のタオルは避けていました。もちろん家庭で使うタオルも同様。トレイや洗面所、台所のタオルなども分けておくのが理想です。

手足口病とは? 夏に小さな子どもがかかりやすい

 「夏風邪」の代表的なものが、「手足口病」。花田こどもクリニックでは、この日も午前中だけで5~6人の子どもが診察に訪れていました。

「友達の子どもが手足口病で、その子と接触して5日ぐらいたってから発疹ができたので、多分手足口病だなと思い病院にかかりました」(母親)

「例年だいたいこの時期からはやる。手足口病が急激に先週から増え始めた。増え方が急激なので、今後も増えると思います」(花田こどもクリニック 花田直樹院長)

1/2ページ

最終更新:6/26(水) 14:49
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ