ここから本文です

中国地方 ようやく梅雨入り 記録残る51年以降最も遅く

6/26(水) 11:29配信

山陽新聞デジタル

 広島地方気象台は26日、岡山県など中国地方(山口県を除く)が梅雨入りしたとみられると発表した。記録が残る1951年以降で最も遅い梅雨入り宣言となった。

 これまで最も遅かったのは68年の「6月24日ごろ」。この記録を51年ぶりに塗り替えた。平年(7日ごろ)より19日、昨年(5日ごろ)より21日遅い。

 岡山地方気象台によると、平年の梅雨明けは7月21日ごろ、昨年は7月9日ごろ。同気象台は「しばらくは梅雨前線や湿った空気の影響で雲が広がりやすく、曇りや雨の日が多いだろう」と予報している。

最終更新:6/26(水) 11:29
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ