ここから本文です

重いパソコンをキビキビにする基本チューニング

6/26(水) 22:13配信

ギズモード・ジャパン

3. 要らないファイルを片付ける

お宝ファイルを全部クラウドに上げて容量解放しても、まだもっさりするときは、ごみファイルの山が原因かも。全部まとめてジャンク用ファイルにまとめ、1件1件見て要らないものはゴミ箱に捨てましょ~。デスクトップにごちゃごちゃ置かなくても、よく使うファイルとフォルダ―は、クイックアクセスにピン留めしたり、Dockにドラッグすれば、デスクトップ見なくてもアクセスできて便利ですよ~。macOS Mojaveではスタック機能も登場。 汚スクトップ が美スクトップに一瞬で変わる、見せかけだけのユートピアではありますが、 デスクトップのどっか >「ビュー」> 「スタックを使用」の順にクリックするだけで片付きます。

片付け操作はMacもWindowsもがんばってます。

macOS

Appleメニュー > 「このMacについて」>「ストレージ」>「管理」>「不要なファイルを削除」で候補が表示されます。

Windows

ローカルの空き容量を確保するストレージセンス機能付き。スタートメニューの歯車アイコンから「設定」>「システム」>「ストレージ」を選んで、ストレージセンサーをONに変えます。「空き領域を増やす方法を変更する」をクリックすると、削除するもの、頻度、Windowsの旧バージョンも消せたり、「今すぐ空き容量を増やす」など可能。

アプリもたくさんあるけど、たまに怪しいおまけ付きのもあるので要注意。Windowsなら無料で強力なWise Disk Cleaner、Macは35ドルのCleanMyMac(下)などが安全です。

ツールを使っても結局は目視と手作業なので、まあ、好きな音楽でもかけて、ゆっくりやりましょ~。そうすれば思ったより早く終わりますよ。「面倒くさい」と後回しにしていると、だんだんもっさりして探すのもひと苦労だし、しっかり掃除に時間をかけたほうが遥かに時短ということもありますんで。

写真や動画があまりにもカオスな貯まり具合のときは最初から整理をあきらめて、Google Photosにアップすれば、AIが日付や顔やら犬やらで、もろもろ片付けてくれます。重複するのは「もうあるよ」って却下してくれるし、ブラウザでドロップ&ドロップするだけでホイホイホイ~。

2/3ページ

最終更新:6/26(水) 22:13
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事