ここから本文です

中村俊輔に憧れるセルティックの生え抜きDF、今夏アーセナルへステップアップか

6/26(水) 23:01配信

GOAL

セルティックのスコットランド代表DFキーラン・ティアニーに、今夏の移籍市場でアーセナルへとステップアップする可能性が浮上している。

イギリス『サン』が報じたところによると、アーセナルはティアニー獲得に向けて動いており、一度オファーは断られたが再びセルティックに接触している模様。最初のオファーは1500万ポンド(約20億5000万円)でまとまらず、アーセナルは契約解除金の額を2000万ポンド(約27億4000万円)に釣り上げてティアニーの引き抜きを目指しているという。

1997年生まれ、現在22歳のティアニーはセルティックの下部組織育ち。14-15シーズンにトップデビューを果たすと、2017年には20歳にしてセルティックのキャプテンに任命された。スコットランド代表としても2016年からプレーしている。

また、同選手は中村俊輔がセルティックでプレーしていた頃(2005~2009年)から下部組織に在籍していたことでも知られる。10歳当時にはトレーニングイベントで優れたプレーを見せたことから、そのご褒美としてトップチームの中村からスパイクを譲り受けたことも。後に「ナカは昔から僕のアイドルなんだ」「オールドファームダービーで決めたナカの左足ミドルは本当に素晴らしかった」と公言している。

セルティックが生んだ逸材は、19-20シーズンからアーセナルでプレーすることになるのだろうか。ティアニーのロンドン行きは間もなく決着することになりそうだ。

最終更新:6/27(木) 16:24
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ