ここから本文です

「塾通いで家計破綻!?」知らないとまずい塾の月謝以外にかかる3つの出費

6/26(水) 20:00配信

LIMO

お子さんの 受験に向けて「塾の月謝が大変・・・」と思っているお母さんお父さん! 塾の面談に行ったら、ビックリするような夏期講習の見積もりを出された親御さん! (はい、我が家です、昨日の夜の話です。笑)

大変なのは塾の月謝だけではありません。「塾だけで大変」なんて思っていたら、これから先、もっと大変です。塾の月謝以外に見込んでおかないとヒーヒーいう出費=予算化しておくべきお金があります。「え? これ以上何のお金が掛かるっていうの? !」受験は情報戦です。学校の情報収集だけでなく「お金」に関しての情報収集は、超大事です。

長女の塾通いの時にヒーヒー言っていた&これから次女の高校受験でヒーヒーが始まる(笑)三姉妹の母が、予算化しておけばよかった! という出費3つをお伝えします! 

1.夏期講習、冬期講習、直前講習、定期テスト対策講座代

これらは、塾を選ぶ前に絶対に確認しておかないとダメなポイントです。ほぼ、後出しジャンケンで出してきます。筆者の場合、先輩ママから「夏期講習も冬季講習がある」と聞いていたので、塾を決めるにあたって月謝以外に掛かるお金を聞きました。ところが「その子の学力と行きたい学校によって違うので、一概には言えない」とかわされますが、「概算だけでも教えてください」としつこく食い下がりました。見込みが見えるだけでも、夏期講習の見積もりが出た時のショックが和らぎます。(笑)

ちなみに筆者の場合、月謝以外の塾の費用として夏期講習で20万円(夏期講習前に塾が提示してきた額はこの2倍でした)、冬期講習で40万円、定期テスト対策講座がトータルで10万円なので、70万円を月謝以外に塾に落としたことになります。1コマ1時間半で、3,500円也です。月謝のトータルは20万円くらいなので、100万円弱です。(個別指導の塾だったので、集団よりは割高です。)

塾に行かずに私立に行くなら、私立に行ってもいいんじゃないかという額です。でも、私立の方が授業料以外の諸費用が年間100万円くらいかかるので、それを思えば損して得取れでしたね。

1/2ページ

最終更新:6/27(木) 0:05
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事