ここから本文です

【ビルボード】キンプリ1stアルバム『King & Prince』が総合首位 サカナクションは新作2位&ベストが再浮上

6/26(水) 15:45配信

Billboard Japan

 2019年7月1日付(集計期間:2019年6月17日~2019年6月23日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、King & Princeの1stアルバム『King & Prince』が総合首位を獲得した。

 2018年5月にデビュー・シングル『シンデレラガール』をリリースして以来、グループ初となるアルバム『King & Prince』は、初動3日間で393,187枚、週間では473,597枚を売り上げてCDセールス1位をマーク。その初週売上は乃木坂46『今が思い出になるまで』を約2万枚上回っており、2019年発売のアルバム初週売上としては最多の数字となっている。また、ルックアップでは、同2位となったサカナクション『834.194』の3倍となる数値を記録し、こちらも見事1位をマーク。フィジカル指標の圧倒的な強さでもって総合チャートを制してみせた。

 サカナクションの約6年ぶり、自身通算7作目のオリジナル・アルバムとなる『834.194』は、初週82,500枚を売り上げてCDセールス2位、11,555DLを売り上げてダウンロード1位、ルックアップは2位とバランス良く、幅広い層への訴求を感じさせるチャート・アクションを見せ、総合では2位を獲得。2018年3月リリースのベスト・アルバム『魚図鑑』に続く、2作連続での総合アルバム首位獲得は果たせなかったものの、CDセールスは73,767枚から82,500枚、ダウンロードは4,486DLから11,555DLと、両セールス指標で『魚図鑑』を上回っており、特にダウンロードの伸び率が大きい。ルックアップの好調からレンタル需要の高さも窺え、ロング・ヒット作品としてのポテンシャルは十分だといえる。

 なお、ベスト・アルバム『魚図鑑』は、CDセールス92位、ダウンロード30位、ルックアップ17位となり、総合では前週78位から当週33位にまで再浮上。新譜のリリースに伴い、新たに拡大したリスナー層の動きとして、過去作品にアクセスするのに最適なベスト・アルバムのダウンロード、およびレンタルが再び活性化したことが要因だろう。

 総合3位には、安室奈美恵のベスト・アルバム『Finally』がエントリー。2017年11月にCDリリースされた同作は、先日6月16日にダウンロード配信が開始となり、前週チャートで総合6位を獲得、35週ぶりとなるトップ10返り咲きを果たしたが、今回は39週ぶりとなるトップ3返り咲きに。当週は配信開始後、初の1週間集計を迎えたタイミングで、サカナクション『834.194』に迫る10,001DLを記録、ダウンロード順位は前週から引き続き2位をマークした。

 また、この『Finally』と同時配信となったライブ・アルバム『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~ at Tokyo Dome 2018.6.3』と『namie amuro 25th ANNIVERSARY LIVE in OKINAWA at 宜野湾海浜公園野外特設会場 2017.9.16』が、総合でそれぞれ12位と22位を獲得しており、安室奈美恵は2週連続で計3作がトップ100入りを果たしたことになる。

 総合4位に入ったのは、HYDEの最新アルバム『ANTI』。5月3日に配信リリースされ、6月19日にCDリリースを迎えた同作は、28,838枚を売り上げてCDセールス3位となり、これが牽引して、総合順位を前週の73位から大きく浮上させた。また、総合5位には、4週目の集計となったB'z『NEW LOVE』がエントリー。CDセールス9位、ダウンロード3位、ルックアップ4位と全指標で上位をキープしている。


◎【HOT ALBUMS】トップ20
1位『King & Prince』King & Prince
2位『834.194』サカナクション
3位『Finally』安室奈美恵
4位『ANTI』HYDE
5位『NEW LOVE』B'z
6位『Principal』逢田梨香子
7位『プロメア ORIGINAL SOUNDTRACK』澤野弘之
8位『SHISHAMO BEST』SHISHAMO
9位『aikoの詩。』aiko
10位『アラジン オリジナル・サウンドトラック デラックス盤』(サウンドトラック)
11位『do not hesitate』FlowBack
12位『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~ at Tokyo Dome 2018.6.3』安室奈美恵
13位『アラジン オリジナル・サウンドトラック 英語盤』(サウンドトラック)
14位『MAGIC』back number
15位『BGM』ばってん少女隊
16位『瞬間的シックスセンス』あいみょん
17位『三毒史』椎名林檎
18位『今は今で誓いは笑みで』ずっと真夜中でいいのに。
19位『成長の記録 ~全曲バンドで録り直し~』KREVA
20位『Journeys:FINAL FANTASY XIV Arrangement Album』(ゲーム・ミュージック)

最終更新:6/26(水) 15:45
Billboard Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ