ここから本文です

なぜ交流戦で毎年パ・リーグが強いのか セ・リーグ球団との違いとは…

6/26(水) 19:30配信

Full-Count

昨季交流戦1位のヤクルトでコーチを務めた野口氏が解説、パの強さとは…

 4日に始まった「日本生命セ・パ交流戦 2019」は、パ・リーグが10年連続勝ち越しを決めた。これまで15度の開催で、セ・リーグが勝ち越したのは2009年の1度だけだ。

【画像】「やっパり強い!!」「今年もセめきれず…」 交流戦10年連続勝ち越しでパ・リーグTVが公開、異例の「号外」の実際の“紙面”

 なぜパ・リーグがこんなに強いのか。この時期に毎年、話題になるテーマだ。現役時代にヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団でプレーした野球解説者の野口寿浩氏は、昨年はヤクルトのバッテリーコーチとして交流戦勝率1位に輝いた。パ・リーグとセ・リーグの違い、そして、パ・リーグのチームに勝てた理由とはいったい何なのか……。

 野口氏が真っ先に挙げたのは、両リーグの打線の違い。これまでも多く語られてきたことだが、パの打者の豪快なスイングは、セの打者にはないものだという。

「やっぱりセ・リーグのチームの打線とパ・リーグのチームの打線を比較したときに、パ・リーグのほうがとにかく振る。あれだけ振られると、ピッチャーも嫌ですよね。そうなってくると、ちょっと怖いなというところでフォアボールが出てしまう。そうなると、どんどん苦しいピッチングになってきて、結局、苦し紛れに投げた球をバカンといかれてますよね」

 今年の試合を見ていても、こういったケースが多かったという。

「キャンプの練習量とかも関わってきているかもしれません。元々、能力の高い選手がパ・リーグに集まっていると言ってしまえばそれまでかもしれませんが、練習量とか、打席に立っているときの考え方の根拠とか、そういうものがないとあれだけ振れないと思います。そういうところが、パ・リーグの方がしっかりしてますよね。セ・リーグの選手でパ・リーグの選手みたいに振るのは、外国人選手を含めても、(ヤクルトの)バレンティンぐらいしかいないのではないでしょうか。やはり打線が違う。その中で常日頃から投げているピッチャーは、自然と鍛えられてくる。それだけ振り回してくるバッターに対して(ストライク)ゾーンの中で勝負できる球を持っているピッチャーも多いし、振ってくるバッターに対してどうするかという術ももっているという印象を受けます」

 豪快なスイングをする選手が、日頃からしのぎを削るパ・リーグ。そして、強打者が投手も育てる。そんな好循環があると、野口氏は言う。

1/2ページ

最終更新:6/26(水) 20:42
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事