ここから本文です

広島九里が初完封で全カード負け越し阻止、楽天は打線沈黙…25日の交流戦は?

6/26(水) 7:30配信

Full-Count

パ・リーグの58勝46敗4分で全日程終了、10年連続14度目勝ち越し

 プロ野球は25日、交流戦の最後の1試合が行われた。広島が敵地で楽天に2-0で勝利。先発の九里が9回3安打3奪三振無四球、二塁を踏ませぬ快投でプロ初完封を飾った。

【画像】ファン「可愛い」も…野間「チンピラ」 広島・鈴木が幼少期写真を公開

 広島は初回に2番・菊池涼のレフトへの5号ソロで先制すると、5回には西川の遊ゴロの間に1点を追加。この2点を九里が守りきった。2回2死からウィーラーに左前打を許したものの、その後は7回まで16打者連続アウト。8回先頭の銀次に2本目のヒットを許したが、後続を断った。9回も先頭・辰己にヒットを打たれたものの、茂木を併殺に仕留めてプロ初完封。3勝目(3敗)を挙げた。

 広島は交流戦全カード負け越しを阻止。5勝12敗1分で全日程を終えた。楽天は投手陣が5安打2失点と踏ん張ったが、打線が沈黙。交流戦は10勝8敗だった。

 今年の交流戦はパ・リーグが58勝46敗4分と10年連続14度目の勝ち越しで終了。優勝は11勝5敗2分のソフトバンクで、12球団断トツの8度目の制覇となった。

 2005年に始まった交流戦のパ・リーグの成績は以下の通り。

2005年 105勝104敗7分
2006年 108勝107敗1分
2007年 74勝66敗4分
2008年 73勝71敗
2009年 67勝70敗7分
2010年 81勝59敗4分
2011年 78勝57敗9分
2012年 67勝66敗11分
2013年 80勝60敗4分
2014年 71勝70敗3分
2015年 61勝44敗3分
2016年 60勝47敗1分
2017年 56勝51敗1分
2018年 59勝48敗1分
2019年 58勝46敗4分

Full-Count編集部

最終更新:6/26(水) 7:30
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事