ここから本文です

激闘の日本勢対決制してベスト8へ…遠藤康「広島の気持ちの分も」

6/26(水) 0:36配信

SOCCER KING

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグが25日に行われ、鹿島アントラーズは敵地でサンフレッチェ広島に2-3で敗戦。だが、2試合合計3-3のアウェイゴール差で日本勢対決を制してベスト8進出を決めた。

 マン・オブ・ザ・マッチに輝いたMF遠藤康が会見に出席し、「今日は僕じゃなくてショウマだと思っています!(笑)」と2ゴールを挙げた土居聖真の名前を挙げて冗談を言いつつ、「結果は負けてしまったけど、進出したので、広島の気持ちの分も持って上にあがって、優勝したい」と次を見据えた。

 終盤には広島のゴールが認められない微妙なジャッジがあり、試合後にも抗議は続いた。遠藤は「(広島の選手たちが)試合が終わったあとに審判に(抗議しに)いっていたけど、その気持ちはわかる」と共感しつつ、「不安定なジャッジもあって、(広島が)悔しい思いをしていたので、その気持ちを僕たちが拾ってまた上にあがっていきたい」と意気込んだ。

 一方の広島MF柏好文も「鹿島には自分たちの分も頑張ってほしいとピッチ上でも伝えた」と思いを託した。鹿島が激闘を繰り広げた広島の思いも背負って連覇を目指す。

SOCCER KING

最終更新:6/26(水) 2:02
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事