ここから本文です

「日本のスター、岡崎慎司にオーストラリアが注目」地元メディアが報道

6/26(水) 23:03配信

ゲキサカ

 今季限りでレスター・シティを退団した日本代表FW岡崎慎司(33)の新天地として、オーストラリアが浮上している。豪『SBSオーストラリア』が伝えた。

 2015年6月にマインツからレスターに加入した岡崎は、クラウディオ・ラニエリ氏のもとでレギュラーを獲得。豊富な運動量をいかした献身的な守備でチームに貢献し、レスターのプレミアリーグ初優勝という“歴史的なメンバー”の一員となった。

 しかし、監督交代を繰り返すチームの中で徐々に出場機会が減少し、今季はプレミアリーグ20試合に出場も先発はわずか1試合。レスターとの契約が今季限りで満了を迎えたため、先月8日に退団が発表された。

 新天地に注目が集まる中、同メディアは「日本のスター、岡崎にオーストラリアが注目」と報道。オーストラリア・AリーグのFW本田圭佑が退団したメルボルン・ビクトリー、MF小野伸二の古巣でもあるウエスタン・シドニー、そして2019-20シーズンから同リーグに新規参入するウェスタン・ユナイテッドが興味を示しているという。

 また、同メディアはヴィッセル神戸も新天地の候補として伝えているが、コパ・アメリカでも精力的なプレーをみせた岡崎は来季どのクラブでプレーするのだろうか。

最終更新:6/26(水) 23:03
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ