ここから本文です

カタール航空、引き続きイラン上空を通過-空路制限で選択肢少なく

6/26(水) 2:59配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): ホルムズ海峡上空で先週、米国の無人偵察機が撃墜され、米国とイランの間に緊張が高まる中、カタール航空など幾つかの航空会社は引き続き同海峡上空を飛行している。

航空機追跡システムのフライトレーダー24によると、25日には1時間の間に少なくともカタール航空の2便がホルムズ海峡の上空を飛んでいたことが分かった。このほかにもパキスタン航空やフライドバイなどが運航を続けている。

米連邦航空局(FAA)が先週、米国の航空会社に同域の飛行を禁じて以来、世界各国の航空会社も飛行を回避している。FAAは、軍事行動の激化や政治的緊張の高まりによって「判断違いや機体の誤認識という事態が発生しかねない」リスクが生じると述べた。

カタール航空は「政治情勢」についてコメントしないと述べた。サウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)がカタールに対して断交措置を講じており、空路も制限していることから、他の航空会社と比べてカタール航空の選択肢は少ない。

原題:Qatar Air Still Crossing Iran as Airspace Ban Limits Options (1)(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Shaji Mathew

最終更新:6/26(水) 2:59
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事