ここから本文です

山里亮太&蒼井優“日テレ披露宴中継”スッキリ決まらない理由

6/27(木) 11:00配信

東スポWeb

“美女と野獣”として世間の注目を集めた、山ちゃんこと「南海キャンディーズ」山里亮太(42)と女優の蒼井優(33)の“衝撃婚”をめぐり、民放テレビ各局が仁義なき争奪戦を展開している。高視聴率間違いなしの披露宴中継を何としても自局で独占放送すべく、あの手この手を使って2人と関係者を口説いているという。中でも一歩リードしているのが、山里と関係の深い日本テレビだというが“ある問題”のせいで、2人が二の足を踏んでいるという。

 あるテレビ関係者は「2人の披露宴中継が成立すれば、山ちゃんが所属する吉本興業全面協力のもと、一大バラエティーショーが繰り広げられることは確実です。高視聴率獲得も確実とあって、各局ともその放映権料に1億円超の額を提示しています」というから、一大特番だ。

 ちなみに、最近の主な芸能人の披露宴中継の視聴率は、2007年の陣内智則と藤原紀香が24・7%、10年の市川海老蔵と小林麻央さんは18・7%とかなり高い数字をマークしている。2組同様、山里とその芸人仲間たち、蒼井の女優仲間たちが列席すれば、これを上回る視聴率も考えられる。

 それだけに、各局が今月5日の結婚会見以降、壮絶な争奪戦を展開している。中でも「90%以上の確率で中継権をゲットする」といわれていたのが日テレだった。

「そもそも、現在の山里があるのは芸人として一時、落ち目だった彼を『スッキリ』の芸能ニュースコーナーの“天の声”に起用したことが大きい。山ちゃんにしたら日テレに恩義もある。それに、陣内・紀香と海老蔵・麻央さんの披露宴を独占放送したのも日テレ。披露宴中継のノウハウも持ってますからね」(制作会社関係者)

 そんな経緯から山里もノリ気になった。ところが、いざ制作スタッフとの顔合わせという段階になった途端、山里がいったん保留すると言いだしたという。

「なぜだか全くわからない。山里が所属する吉本も反対する理由などまったくありません。蒼井も日テレとは女優として良好な関係ですからね」(事情通)
 その後、日テレ側は山里から保留の理由を聞いて、納得するしかなかったという。

「実はあるジンクスが語り継がれているんです。それが“日テレで披露宴中継を行ったカップルは別れてしまう”というもの。これを山里がインターネットで知ってしまい、保留にしたようです」(放送作家)

 確かに陣内と藤原紀香は離婚、海老蔵と麻央さんは死別してしまった。

 ちなみに、過去の結婚披露宴中継で高視聴率を獲得した主な記録と放送局は、郷ひろみ・二谷友里恵(47・6%、フジテレビ)、森進一・森昌子(45・3%、日テレ)、渡辺徹・榊原郁恵(40・1%、日テレ)、神田正輝・松田聖子(34・9%、テレビ朝日)、三浦友和・山口百恵(30・3%、フジ)、古田敦也・中井美穂(26・2%、フジ)、小室哲哉・KEIKO(15・5%、TBS)、谷佳和・田村亮子(17・2%。日テレ)。

 このデータからも、日テレで放送したカップルに限っていえば、ジンクスがあてはまるのは森進一・森昌子が加わるくらいで、渡辺徹・榊原郁恵夫妻のようなおしどり夫婦もいる。

 あくまで最近の都市伝説のようなものとして、日テレは説得中だというが、山里と蒼井が別のテレビ局を選ぶ可能性もある。さて、どの局がゲットするか。(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

最終更新:6/27(木) 11:00
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい