ここから本文です

今日も一日えらかったのう、たくさん頑張ったのじゃろ、って大人も子どもも褒められていい 「世話やきキツネの仙狐さん」12話

6/27(木) 0:00配信

ねとらぼ

 癒やされたい。肯定されたい。「世話やきキツネの仙狐さん」は、ブラック企業に勤める男性が、神使の狐に何もかも全て癒やされていく、人間全肯定アニメ。優しい空間が覆いかぶさってくる、ある意味現代日本を象徴するような作品です。

【漫画の続きを見る】

何もしてやれておらんではないか……

 体調を崩した中野。まあ毎日サビ残終電帰り、休日なし、となったら身体壊さないほうがおかしいくらいです。仕事の量も一向に減っていないようですし。

 熱にうかされていた彼が見た夢は、ちょっぴり不思議なものでした。

 「なぜじゃ なぜいつものように起きて頭を撫でてくれんのじゃ…… いやじゃ わらわはまだ主に 何もしてやれておらんではないか……」

 おそらく仙狐さんだと思われますが、もちろんこんな記憶は、二人で生活しはじめてからのものではない。

 1巻の第一尾で仙狐さんは「おぬしの家には恩がある」と語っています。また2巻十五尾では、シロが「センはナカノに先祖の姿を重ねているだけで あなた自身を見てないかもしれないって」と中野に告げたこともあります。

 齢八百の神使の狐、仙狐さん。実のところ中野の先祖との間にどのような関係があったか、具体的には描かれていません。ただこれを見るに、世話をしていたのが中野の先祖側で、仙狐さんは世話される側だったようです。

 中野の先祖目線でしょうか。死の間際、目に入ったのは、今まで一度も見たことがない、泣き崩れる仙狐さんの顔でした。

 この先祖がらみの話は、ざっくりした明るい仙狐さんワールドでは珍しい、謎の部分。なぜ中野が過去の、仙狐さんと先祖のやりとりを見ているかは、現時点ではわかりません。特殊な力的ななにか? 縁的な霊的ななにか?

 でもその理由って、ほんとはどうでもいい。涙を流している仙狐さんがいた、という事実が一番大事だ。

 目を覚ました時、仙狐さんは中野の隣にいました。治癒術を施し、体調を見ていてくれたようです。

 仙狐さんは常日頃、「自分を大切に」と口酸っぱく言い続けています。もっと寝て、休んで、おいしいものを食べて、自分に甘くあれと。でも中野は真面目すぎてそれができない。仕事をやらなければ、という義務感で無理やり身体を動かしているのが現状です。

 頑張ろうとするのは、確かに立派なことだけれども、正しいわけじゃない。身体を壊してしまうことも顧みず働いているけれども、悲しむ人がいるということに、彼はようやく気付かされました。

 精神的に参っている時って、「自分のために」という意識が回らなくなりがちです。頑張らなきゃ、身を削ってやらなきゃ、休むなんて許されない、と。いわゆる社畜体質。こうなると自分の価値を軽視しはじめて、身体を大切にしなくなって、心を壊して……の繰り返し。負のスパイラル。

 心が元気じゃないと、「休みたい!」「遊びたい!」「寝たい!」とそもそもならない。

 中野は仙狐さんが来る前までは、その状態が続いていました。もしその生き方が、そばにいる大切な人が涙を流して悲しむものなら、バランスがおかしいんだ。

 中野「仙狐さんにあんな表情させるわけにはいかないな……」

 仙狐さんに口酸っぱく言われても、会社に必死に行き続けていた中野。まあ、責任もあるしね、わかるんだ。でも、今回の仙狐さんの涙(の夢?)を見て、やっと気付きます。働くことも大事だけれども、無事な身体で過ごすことはもっと重要で、意識しないとできない大変なこと。

 「頑張る」「甘える」のさじ加減って、本当に難しい。

1/2ページ

最終更新:6/27(木) 0:00
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事