ここから本文です

セイウンコウセイ&ショウナンアンセム、CBC賞厩舎情報/美浦トレセンニュース

6/27(木) 18:11配信

netkeiba.com

 サマースプリントシリーズの第2戦となるCBC賞(GIII・ハンデ・中京芝1200m)に、美浦からは今年の高松宮記念(GI)2、3着馬が出走してくる。追い切り後の各調教師のコメント。

 高松宮記念で12番人気と人気を落としながら、GI馬の貫禄を見せて2着となったセイウンコウセイ(牡6・美浦・上原博之)は、27日(木)に坂路で最終追い切りを行った。

上原調教師
「いつもならレースの当該週にウッドチップコースで最後ビシッとやるパターンでしたが、今週からウッドチップコース閉鎖ということで、先週の水曜日に坂路に入れて足慣らしをしておいて、金曜日に実質的な最終追い切りということで、ウッドチップコースで長めからビッシリと1週前追い切りをしています。

 レース当該週は前半は抑えていって、最後手綱を緩めたらしっかり伸びてくるという追い切りでした。元々当該週はサラッとやる予定でしたが、その通り順調にきています。

 道悪はさほど苦にしませんし、前走で速い時計に対応していますし、道悪もさほど苦にしないので、良馬場でも道悪でも大丈夫でしょう。暑さも若い頃よりは気にしなくなってきましたし、競馬にいってしまえば暑いのも気にしないと思います。

 58キロの斤量はこの馬自体は大丈夫ですが、他の馬とのハンデ差がありますので、そのあたりが鍵となるでしょう。ブリンカーは前回に続いて今回も着けません」

 高松宮記念で17番人気で3着と好走したショウナンアンセム(牡6・美浦・田中剛)は、26日(水)にポリトラックコースで追い切った。

田中調教師
「レース間隔があきましたが、フレッシュな状態の方が走ってくれますので、気にはなりません。距離を短縮したことで体に幅が出てしっかりしてきましたし、だいぶ短距離馬らしい体付きになってきました。

 今週の追い切りは終いの反応が良かったですね。順調に来ています。今はだいぶ左右差はなくなってきましたが、右手前が得意なので、直線に向いて右手前で走る左回りの方が良いです。中京の1200mは前走で経験していますし、ここで秋シーズに向けて賞金加算をしたいと思っています」

(取材・文:佐々木祥恵)

最終更新:6/27(木) 19:21
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事