ここから本文です

【レジェンド語る】内川聖一(上)「勝ち方知らなかった」

6/27(木) 21:10配信

カナロコ by 神奈川新聞

 現役2位の通算2101安打(26日現在)の希代のヒットメーカーは、ベイスターズでは勝利に飢えていた。2008年に右打者歴代最高の打率3割7分8厘で首位打者を獲得した内川聖一(36)。たゆまぬ努力を重ねて打撃成績は年々向上したが「勝てるチームになるすべを僕も知らなかった」と苦悩の末、11年にソフトバンクに移籍した。だが古巣への深い愛情は今も変わることはない。

【写真】谷繁元信氏(上)「プロ集団だった」

 走攻守そろった大型遊撃手で「和製ジーター」と騒がれてドラフト1位で入団。01年は高卒1年目から堂々の開幕1軍入り。石井琢や鈴木尚ら1998年の日本一メンバーがまだ多く残る中、当時の森祇晶監督ら首脳陣にとっても期待の新人だった。

 内川 皆がプロフェッショナルの集まりで野手はレギュラーがほぼ固まっていた。いきなりヤバイところに来ちゃったなって思った。でも僕はタイミングがいい時にいろんな方と出会わせてもらっている。プロに入った時に森さんが監督になってバントの大切さを教えてもらった。高校時代はバントなんてしたことがなかった。ヘッドコーチの黒江(透修)さんには守備を教わったり、すごくいい環境でやらせてもらった。

 6年目の2006年には自己最多の124試合に出場し、打率は2割8分6厘と存在感を示し始めた。しかし、外野手に転向した翌07年は92試合の出場にとどまり、打率も前年を下回った。

 内川 レギュラーをつかむまでは毎日必死だったし、野球選手としてこれからもやっていけるのかなという思いがずっとあった。それまで自分が1軍で年下だったのに、(2学年下の)吉村や(4学年下の)雄洋(石川)が試合に出始めて厳しくなった。それでその年のオフ、母に「来年ダメなら野球をやめる」と告げたんです。

 そんな内川に野球への熱き思いを再び呼び起こしたのが、08年に1・2軍巡回打撃コーチに就任した杉村繁だった。さらに07年に巨人から移籍してきた仁志敏久の「考えて野球をやる」という教えも、打撃の才能を開花させる大きなヒントとなった。

 内川 杉村さんは、とにかくいろんな話をしてくれた。印象的だったのは、「自分の長所をどう思ってんだ」って聞かれたこと。「ポイントを前にして本塁打を打つこと」と答えたら「相手はおまえのその長所を利用してアウトにしようとしているんだぞ」って言われて驚いた。自分が成績を残せている時期に言われても響かなかったのかもしれない。でも野球をどうしようか考えていたタイミングだった。自分に変化を与えてくれる人がいるならやってみようかなって。

 仁志さんには、ある時「ウッチー、打席入るときに何を考えているの」と質問されて「何も考えていないです」と答えたんですよ。そうしたら、「この場面だからこういう打撃をしようと思った。結果こうなりましたって順序立てて考えられていないんだったら、それは考えたことにならないよ」と言われた。

 そこから打席に入る前の準備の仕方や、仁志さんの守備のポジショニングを自分なりに考えるようになった。杉村さんを含めて、この時期にいろんなものが降り注いできた感覚だった。

 08年は開幕から打撃好調で一塁手のレギュラーに定着。首位打者、最多安打(189安打)、最高出塁率(4割1分6厘)の打撃3部門で初タイトルを獲得した。そのきっかけは4月9日、横浜スタジアムでの巨人戦の1打席だったという。

 内川 (同世代の)内海のチェンジアップを引き付けて力が入るポイントで打ったら左中間にライナーで飛んでいった。ボールとバットが引っ掛かった感じがあって「これか、練習していたのは」って全身に響いたほど。そこからですね、打てるようになったのは。

 その年、2年連続本塁打王になった村田とともにチームの顔になったが、チームは2年ぶりの最下位。8年目の26歳は、そこから3年続けて打率3割をマークし一流の仲間入りを果たした。一方でチームは3年連続最下位と低迷する。

 内川 首位打者を取った時は自分のことで精いっぱい。だけど09年にWBC日本代表に選んでもらって世界の頂点を見せてもらった。そこで現実とのギャップを痛感した。でもどうやったら勝てるチームになるのか、僕もやり方を知らなかった。

 閑散とする横浜スタジアムでの勝てない日々。どん底からはい上がれない苦しみと闘う毎日を過ごしながら、ハマが生んだ安打製造機は、生まれ故郷の九州で再出発する決意を固めていくことになる。10年10月7日。内川がベイスターズで最後に出場した試合で、ルーキー筒香がプロ初本塁打を放ち、チームの顔が交代していく象徴的な日となった。


◆歩んできた道に感謝
 「道」。ヤフオクドームでの交流戦の試合前、ベイスターズ時代の記憶をひもといてもらったインタビューの最後、内川は色紙にこうしたためた。

 「間違いなく僕が歩んできた道。横浜にいなかったら今の自分はいない」と感謝の言葉を重ねた。

 昨年、通算2000安打を放って名球会入りも果たした。昨秋のイベントでは、ベイスターズのユニホームを着て松原誠、佐々木主浩、谷繁元信、石井琢朗ら名球会メンバーの球団OBと試合に出場した。

 「皆さんと一緒に写真を撮ってもらいました。横浜に愛情はあるからやっぱりうれしかった」と白い歯をのぞかせた。

 うちかわ・せいいち 2000年秋のドラフト会議で1位指名され、大分工高からベイスターズに入団。巧みなバットコントロールで08年に右打者最高打率の3割7分8厘で首位打者に輝いた。FAでソフトバンクに移籍した11年に史上2人目となるセ・パ両リーグでの首位打者を獲得。09、13、17年に日本代表としてWBCに出場し、18年に通算2000安打を達成。大分市出身。36歳。

神奈川新聞社

最終更新:6/28(金) 21:57
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事