ここから本文です

エイズ発症を95%以上抑制 HIV検査「陽性」の場合の治療法とは

6/27(木) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

【性感染症最前線】 エイズ(4)

 医療機関や保健所などの検査でHIV感染「陽性」が確定した場合、治療は各都道府県が設置する「拠点病院」や「中核拠点病院」で行われる。

 HIV陽性でも早期に治療を開始すれば95%以上はエイズの発症を抑えられ、他人への感染も予防できる。たとえエイズを発症したとしても、治療を続けることで9割の患者は社会復帰が可能。根治はできなくても、治療で管理できる慢性疾患ととらえられている。

 どんな治療が行われるのか。性感染症専門施設「プライベートケアクリニック東京」(新宿区)の尾上泰彦院長が言う。

「治療の目標は、抗HIV薬によって血中のウイルスの増殖を検出限界以下にまで抑制することです。1996年以降は3剤以上の薬剤を組み合わせる『抗レトロウイルス療法(ART)』が確立され、いまでは、ほぼ100%近くウイルスの増殖を抑えられるようになっています。HIV感染症とエイズ発症後の治療は、基本的には同じです」

 抗HIV薬には、「核酸系逆転写酵素阻害薬(NRTI)」「非核酸系逆転写酵素阻害薬(NNRTI)」「プロテアーゼ阻害薬(PI)」「インテグラーゼ阻害薬(INSTI)」「CCR5阻害薬」の5種類がある。前の4つは、HIV特有の酵素の働きを阻害する薬で、CCR5阻害薬はHIVがCD4陽性リンパ球細胞に侵入するのをブロックする薬だ。

 国内で使用可能な抗HIV薬は24種類あり、さらに複数の薬を配合した合剤も数多い。抗HIV薬の中で、HIV抑制効果がより強力な薬剤を「キードラッグ」、それを補足してウイルス抑制効果を高める役割をもつ薬剤を「バックボーン」と呼ぶ。現在は、バックボーンとしてNRTI2剤に、キードラッグ1剤を組み合わせるのが一般的だ。

「ARTの効果は100%近いですが、治療効果が不十分な場合の原因のほとんどは患者さんの内服率の低下です。それに飲み忘れがあると耐性ウイルスができてしまいます。ART確立当初は飲む錠剤が多かったり、副作用が高頻度で出ていました。しかし、近年は副作用の発現が大きく改善され、1日1回1錠の服薬で済む配合剤も登場し、治療の煩雑さはなくなってきています」

 薬を飲み続けていればHIV感染していない人と変わらない寿命が期待できる。ただし、年を重ねて生活習慣病などを発症すると持病薬との飲み合わせ(相互作用)が問題となり、抗HIV薬の種類を変更しなくてはいけない場合があるという。

最終更新:6/27(木) 9:26
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事