ここから本文です

スタンリー・キューブリックに関するドキュメンタリー2本が11月より上映

6/27(木) 12:00配信

映画ナタリー

スタンリー・キューブリックに関するドキュメンタリー2本が、11月1日より上映される。

【写真】「キューブリックに魅せられた男」キービジュアル (c)2017True Studio Media(メディアギャラリー他1件)

アレックス・インファセッリが監督を務めた「キューブリックに愛された男」は、キューブリックの専属運転手であったエミリオ・ダレッサンドロの目を通して、30年にわたった2人の奇妙な友情関係に迫る作品。2人の出会いや神経質なキューブリックの生活様式、動物に囲まれた穏やかな日常などが明かされる。

もう一方の「キューブリックに魅せられた男」は、トニー・ジエラが監督を務めた作品。「バリー・リンドン」への出演をきっかけにキューブリックに対する忠誠を誓い、アシスタントに転身した俳優レオン・ヴィターリが、無数の雑事に追われた過酷な日々を振り返っていく。ヴィターリのほかライアン・オニール、R・リー・アーメイ、マシュー・モディンらが出演した。

「キューブリックに愛された男」「キューブリックに魅せられた男」は東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開。

最終更新:6/27(木) 12:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ