ここから本文です

好漢・鍵谷惜しむ声 日本ハムから続々

6/27(木) 16:54配信

東スポWeb

 日本ハム・藤岡貴裕投手(29)、鍵谷陽平投手(28)と 巨人の吉川光夫投手(31)、宇佐見真吾捕手(26)の2対2の交換トレードが26日に成立し、両球団から発表された。昨季途中に加入も約1年で再びチームを離れることになった藤岡はもちろん、2017年には60試合登板も果たした生え抜き道産子右腕・鍵谷の放出は、ナインの間で衝撃が広がっている。

 今季の鍵谷はここまで18試合に救援登板し、防御率5・94と結果を出せずにいたが、誠実な人柄で投手陣からの信頼も厚く、同僚からは別れを惜しむ声も多く聞こえた。鍵谷自身も「ファイターズでの約6年半、たくさんの方々に応援していただき、本当に感謝しています。チームの力になれず悔しい思いもありますが、新天地ではこの経験を生かして頑張っていきます」と、感謝の言葉とともに歯がゆい心境もコメントした。

 後輩の面倒見のよさでも知られ、高卒2年目右腕の田中瑛は以前「鍵谷さんのおかげで体重も増やすことができました」と感謝。入団当時は身長180センチ超の長身ながら体重は62キロと細身だった田中瑛は「鍵谷さんにはよく焼き肉に連れてってもらったんです。ただごちそうになるわけじゃなく、増量のため、寮でご飯を食べ終えたタイミングで『じゃあ行くか!』と誘ってくれるんです」という。

 鍵谷自身は「自分も新人のころは体重管理で苦しんだ経験があったので、栄養学などを独学で勉強したんです。後輩の力になれればと思ったのですが(田中)瑛斗も『無理ですよ~!』と言いながらもしっかり食べてくれていたのですごいですよ」と話していた。

 後輩からも慕われた好漢だけに、今回の放出はチームにショックを与えている。

最終更新:6/27(木) 16:54
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/21(日) 1:45

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

あわせて読みたい