ここから本文です

LINE PayからVisaのクレジットカードが発行可能に 初年度3%還元

6/27(木) 16:13配信

ITmedia Mobile

 ビザ・ワールドワイド・ジャパン(Visa)が、オリエントコーポレーション(オリコ)、LINE Payと連携したクレジットカードの発行で合意した。LINE PayとVisaは、6月6日に戦略的包括パートナーシップの提携を発表しており、その詳細が明らかになった。提携カードは2019年8月に、LINE Pay上で先行予約を開始する。

東京オリンピックの特別カード

 LINEアプリのLINE Payからカードの発行ができ、支払いと同時にLINEアカウントから決済通知を受け取ることもできる。LINE Payと連携させてスマホ決済で利用したり、Visaのタッチ決済で利用したりもできる。オリコはイシュアとして、提携カードの発行業務を担当する。

 年会費は初年度無料で、翌年以降も、年1回以上のカードショッピング利用で無料となる。年1回のショッピング利用がない場合は1250円(税別)の年会費がかかる。ポイント還元率は初年度3.0%だが、2年目以降の還元率は未定。

 2020年の東京オリンピックのスポンサーでもあるVisaは、オリンピックを記念した特別バージョンとして、日の丸をイメージした赤いカードを枚数限定で発表する。このカードもLINE Payからのみ申し込める。

ITmedia Mobile

最終更新:6/27(木) 16:13
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事