ここから本文です

元KARAハラ、生放送で“ポロリ”「テレ東音楽祭」平均9・7%、瞬間最高12・6%の高視聴率

6/27(木) 10:35配信

スポーツ報知

 26日に放送されたテレビ東京系「テレ東音楽祭2019」(後7時)の平均視聴率が9・7%を記録したことが27日、分かった。

【写真】深田恭子、35歳ビキニ姿満載「ぜひご覧いただいて」

  今年で5回目を迎える大型音楽特番で、今年は開局55周年記念特別企画として生放送。視聴率は昨年の平均8・8%から0・9ポイントアップした。

 瞬間最高視聴率は午後9時9分と10分に12・6%の好数字をマーク。バブルソング特集でバブルガムブラザーズが久しぶりに地上波に出演し、ヒット曲「WON’T BE LONG」を歌い出す場面だった。

 TOKIOの国分太一(44)と女優の広末涼子(38)がMCを務め、元モーニング娘。の辻希美(32)、加護亜依(31)のユニット「W(ダブルユー)」が13年ぶりにテレビ出演したほか、先月26日に自殺未遂で病院に搬送された韓国のガールズグループ「KARA」の元メンバー、HARA(ク・ハラ、28)が騒動後初めてテレビに登場。

 KARAの大ヒット曲「ミスター」を、女性7人組ダンスボーカルグループ「Chuning Candy」と共に披露したが、途中で衣装がさがり胸の部分の下着が露出する“ポロリ”のアクシデントもあった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

最終更新:6/27(木) 10:53
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事