ここから本文です

「転売目的の購入お断り」ヨドバシ京都店の転売対策に賛同集まる 差別的と批判浴びた「日本人にしか売らない」発言については否定

6/27(木) 20:21配信

ねとらぼ

 人気フィギュアの予約受付を巡り、ヨドバシカメラ京都店が取った転売対策が注目を集めています。実際に同店が取った対応に対して称賛する声が多く寄せられている一方、SNS上では不正確な情報も拡散され、誤った情報から店舗に批判が寄せられる場面も見られました。

【画像】「差別的」と批判を受けた誤情報

店舗の実際の対応

 同店では6月24日、「METAL BUILD エヴァンゲリオン2号機」の予約待機列に対し「転売目的での購入は断る」と案内。整列中の客が商品名を言えなかったり、スマートフォンで商品画像の表示ができなかった場合に予約を受け付けない対応を取りました。

 これに対し現地で並んでいた購入者から、店側の対応を支持するとのツイートが投稿され、広く拡散しました。

誤った情報の拡散

 情報が拡散する過程で、店員が「転売防止のため日本人にしか売らない」と発言したというツイートが注目を集めました。この投稿を行ったアカウントは数時間後に「正確には転売目的で来ている外国人の方には売れない、と言っていた」と補足しましたが、主に前者のツイートが拡散(27日夕方時点で前者のRT数は約4800回、後者は約1000回)。

 また、J-CASTニュースが25日にライブドアニュースに配信した記事にも、“「転売防止のため日本人にしか売らない」 京都ヨドバシの転売対策に称賛”という見出しが付けられ、誤った情報が拡散される一幕がありました(見出しは後に“商品名を言えない客の予約は受け付けない 京都ヨドバシの転売対策”に修正)。

 こうした情報を目にしたネットユーザーからは、「転売対策は重要だが、『日本人にしか売らない』と言ったのであれば差別に当たるのではないか」といった批判意見が多く見られました。

ヨドバシ京都店は「日本人にしか売らない」とは言っていない

 ヨドバシカメラの広報に取材を申し込んだところ、本件についてはノーコメントとの回答でした。ただし、京都店の店長がJ-CASTニュースに語った内容は事実であると認めました。

・・・・・

 「転売目的でのご購入に関してはお断りしています」と購入希望者へ声がけしていたが、レジでは「前の人間と同じものが欲しい」と話す客が複数いた。そのため、商品名を言えなかったり、スマートフォンで商品画像を提示できなかったりした場合は、予約を受け付けなかった。

(中略)

 前述のツイートでは「転売防止のため日本人にしか売らない」と店員が発言したとあったが、「外国人ということではなく、転売目的でのご購入に関してはお断りしています」

出典:「転売目的はお断り」京都ヨドバシが「神対応」 エヴァファン称賛、店長に状況を聞いた(J-CASTニュース)

・・・・・

1/2ページ

最終更新:6/27(木) 21:15
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事