ここから本文です

多田修平「周りを見て力んだ」2組3着の10秒21で決勝へ

6/27(木) 21:27配信

デイリースポーツ

 「陸上・日本選手権」(27日、博多の森陸上競技場)

 世界選手権(9月27日開幕・カタール、ドーハ)代表選考会を兼ねて開幕した。

 男子100メートル準決勝が行われ、多田修平(住友電工)は追い風0・1メートルの条件下、10秒21の2組3着で決勝に進んだ。同組1着はサニブラウン・ハキームの10秒05。1組1位は追い風0・2メートルの条件下、10秒09の小池祐貴(住友電工)、2着は10秒22で前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)だった。

 好スタートで先行するというプラン通りのレースを展開した多田だが「自分のレーンだけを見ようと思っていたけど、周りを見て力んだ部分があった」と反省。「前半でリードして、後半しっかり粘れる走りができたら。決勝でしっかりベストを出して優勝できるように頑張りたい」と拳を握った。

 17年大会で2位に入り、一気にトップランナーへと成長を遂げるも、昨季は不調で5位と苦しんだ。「決勝まで調整できる時間があるので、しっかり休養して、決勝へメンタル的にも体力的にも合わせられたら」。今大会のテーマは「復活」。思いをレースで体現する。

最終更新:6/27(木) 21:32
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事