ここから本文です

闇営業で謹慎の芸人、相方も仕事激減? 手本は西川きよし師匠か…中瀬ゆかりさんが指摘

6/27(木) 18:04配信

スポーツ報知

 新潮社出版部部長の中瀬ゆかりさん(55)が27日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に出演。お笑い芸人らが事務所を通さない闇営業で特殊詐欺グループの会合に出席しギャラを受けとっていた問題についてコメントした。

【写真】レイザーラモンHGの妻「おっぱいだけ触ってて欲しい」とあの人を批判

 謹慎処分を受けた芸人とコンビを組んでいる相方も、仕事が激減する恐れがあることを報じた夕刊紙の記事が紹介されると、中瀬さんは「その人(謹慎の芸人)が売れてる場合、そっちに引っ張られて仕事があったっていうような時には(相方は仕事が)減るでしょうけど、売れてたときに引っ張ってもらったっていうのもあるから、相方っていうのはダメなときもいいときも一緒にするっていうのが相方の宿命」と指摘。「同時にお笑い芸人っていうのは、どういう状況になっても、それを笑いに変えていくのが芸人さんだと思う。かつて(横山)やすしさんが謹慎のとき、(西川)きよしさんはきよしさんで活躍していた」と大物漫才コンビ「やすしきよし」の例を挙げて説明した。

 闇営業問題ではお笑い芸人13人が謹慎処分となったほか、27日には吉本興業が新たに、お笑いコンビ「スリムクラブ」の真栄田賢(43)と内間政成(43)を無期限謹慎処分にすると発表した。2人は暴力団関係者の会合に闇営業で出演し、ギャラを受け取っていたという。

最終更新:6/28(金) 8:07
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事