ここから本文です

ライジングプロ、お笑い部門を立ち上げ 元オフィス北野のマッハスピード豪速球が所属第1号

6/27(木) 19:52配信

オリコン

 大手芸能事務所・ライジングプロ・ホールディングスが27日、東京・原宿駅前ステージでお笑い部門のプロダクション『ライジング・アップ』を設立したことを発表。所属第1号芸人が元オフィス北野のマッハスピード豪速球となり、会見に出席した。

【写真】ネタを披露するマッハスピード豪速球

 マッハスピード豪速球は坂巻裕哉とガン太の2人組。2010年にコンビを結成し、日常の細かい心理描写を独特な視点でネタにしている。オフィス北野に所属していたが、昨年5月に退社している。今年1月には『第1回ビートたけし杯』で優勝。ビートたけしが審査委員長を務める『第28回東京スポーツ映画大賞』と同時開催される『第19回ビートたけしのエンターテインメント賞』の演芸新人賞を昨年のM-1王者の霜降り明星と共に獲得している。

 荻野目洋子、観月ありさ、MAX、DA PUMPら所属する大手プロダクションに入った2人。ゆっくり登場するとガン太は「どうも、スリムクラブです」とボケて、軽くものまねを披露。坂巻から「似てないわ!」とツッコまれていた。その後も「前の事務所も反社会的勢力で逃げてきた」など闇営業ネタを入れ込みまくり、司会のフリーアナウンサー楪望から「記事になりそうなことばっかり言って…」と止められていた。そんなことを言いつつも反社会的勢力との付き合いに対し、厳しい目線が向けられている昨今の芸能界の事情を鑑み、事務所の重要性を感じたという。

 昨年5月にオフィス北野を退社後、ガン太が知人から「ライジングプロが…」とお誘いを受けたという。ガン太は「第1号で入れるのは渋い。かっこいいなと思って」と事務所入りを、ほぼ即決。しかし「エラい人にお寿司に連れていってもらった。『ほかに気になるところがあって…』と言って、次は焼き肉に。3回ぐらい、おいしいものを食べさせてもらった」と裏側を口にし、笑わせた。

 ただ、坂巻には全く伝えずに所属を決めた。それを単独ライブで一方的に発表。坂巻は「DA PUMPさんの『U.S.A.』が流れて、なんだかわからなかった」と所属先がいきなり決まったことをボヤいた。「保守的で変えたがらない」と秘密にした理由を説明したガン太は「寝て起きたら決まってる。楽な人生ですよ」とトークし、笑わせた。

 21日にたけしにも報告。ガン太は「あいさつをしに行った。だいぶ前から決まっていたのに『離婚成立』と…。めちゃくちゃ機嫌悪いかもと思って行ったらそんなことなかった。『よかったじゃねぇか』と言ってもらえた」と明かした。手土産として「つけるとお金が入ってモテるブレスレット」をプレゼントしたそう。「2億手に入る」といううたい文句を見たたけしは「オイラ、100億だから足りねぇな」と懐の深いボケで笑いを取ったという。坂巻は「『闇営業には気をつけろ』と言われました。『大事務じゃねぇか。大事にしてもらえよ』とも」とたけしに感謝しきりだった。

 坂巻は「DA PUMP兄さん、MAX姉さん、(三浦)大知兄さんがいる。僕らのネタもライジング色に」と話し、ガン太も「歌って踊ります」と重ねてボケて笑わせた。今年の目標についてガン太は「キングオブコントです。最低でも決勝には行きたいです」と宣言。「フリーだから落とされた。事務所の力で…」と続けてボケて笑いを巻き起こした。

 ライジングプロ・ホールディングスの平哲夫社長の「MCができ、冠が持てるお笑いタレントを」という要望があり、お笑い部門を設立。月1の定期ライブを行う予定だという。ライジング・アップの長原社長は「当面はマッハスピード豪速球を売るのが目標。たくさんいて薄利多売というより、まずはマッハスピード豪速球を。『キングオブコント』などの賞を取らせる」と力を込めた。マッハスピード豪速球の2人が期待した“事務所の力”に関しては「一切ない。しっかりコツコツと」ときっぱり。2人は「ないのか…」と頭を抱えて笑わせた。

 活動の拠点は原宿駅前ステージとなり、公式サイトは近日公開予定。8月5日に事務所ライブを行うことも発表。ただ、芸人不足のため、所属芸人を大募集する。ガン太は「フリーになって寂しかった。それが嫌なので仲間を。増えていけば自分たちのネタのクオリティも上げられていく」と呼びかけた。

最終更新:6/27(木) 20:31
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事